無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

654
2021/07/11

第23話

ナムジュンside
ナムジュンside
翌日


今日仕事である僕はタクシーで行こうとした


けどTXTの子達は「ダメダメ」と聞かなく 


結局この子達と仕事に行くことになってしまった


本当はダメだ もしarmy達に見つかったら「不仲?」とおもわれてしまう


けどこの子達は大丈夫と言ってくれた


ナムジュン
ナムジュン
…………
僕は久しぶりに酷く緊張している


何故かって……メンバーと会うことになるから


いや、それ以前に不仲って思われるんじゃないかと恐れている


自分で言うのもあれだが お人好しすぎて困っている


ヨンジュン
ヨンジュン
ナムジュニヒョン 僕も一緒に行きます
ナムジュン
ナムジュン
え、……
急に何言い出すのかと思えば 君達と一緒に言ってしまえばメンバーに何言われるか……


ヒュニンカイ
ヒュニンカイ
大丈夫ですよ!!僕が言わせません!!
ボムギュ
ボムギュ
僕はジュニヒョンと手を繋ぎながら行きます!!それなら何も言えない!!
それとこれとは……


スビン
スビン
……ジュニヒョンダメですか?
テヒョン
テヒョン
(⸝⸝o̴̶̷᷄ ·̭ o̴̶̷̥᷅⸝⸝)ダメですか?
ナムジュン
ナムジュン
良いよ 一緒に来てくれる?
本当に毎日思うがこの子達には敵わない


いよいよBIG HIT に到着する
今思えば随分と成長している
前まではちっちゃかった建物が今では……
でも、僕達は悪い方向に変わってしまった……
ここに来てまた変な思考が頭の中でぐるぐる回る


ボムギュ
ボムギュ
ジュニヒョン!!手!
ナムジュン
ナムジュン
あ、はい
まだ外なのに……(笑) でも少し安心した
"僕達"は手を繋ぎながら目的地へと向かう


ナムジュン
ナムジュン
ゴクリ
ガチャ


ナムジュン
ナムジュン
ッ?!
ユンギ
ユンギ
……ジュ……、ナ?
ちょうど入ろうとドアを開ける


けどその前にユンギヒョンが開けてしまい羽合わせ