無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

643
2021/05/28

第12話

あの子達に会ったきっかけ
僕は偶然あの子達TXTに会ったんだ
その時は僕は恥ずかしいんだけど ビールを爆飲みして酔っ払ってたんだ
ヒョンとしてとても恥ずかしい
でも辛かったんだ…あれからみんなは僕に暴言吐いたり嫌味言われたりと 避けられるし
その子達はそんな酔っ払ってる僕に近づき
キラキラした純粋な目で
スビン
スビン
ナム先輩だ!!
って言ってくれてね 嬉しかった 
ナムジュン
ナムジュン
アニョン 今酔っ払ってるから近づかない方がいいよ
って言ったんだけどそれよりも先に ハグしてきたり、握手してきてビックリした
ボムギュ
ボムギュ
ナムジュニヒョン……って呼んでいいですか?!?!
ナムジュン
ナムジュン
……もちろん 逆にそうしてくれる?
ヨンジュン
ヨンジュン
やった!!!僕も呼びます!
テヒョン
テヒョン
ナムジュニヒョンそんなによって何かあったんじゃないですか?
ヒュニンカイ
ヒュニンカイ
良かったら僕たちに話してください!
僕は酔っ払っていた所為か 全部隠さず言ってしまった
酔っ払った上、愚痴を聞かせるなんて……ヒョン失格だ
と、思ったんだけどこの子達は優しくて…泣いてくれたり、怒ってくれた
ヨンジュン
ヨンジュン
ナムジュニヒョン…良かったらなんですけど
ヨンジュン
ヨンジュン
今日泊まりに来ません?
正直嬉しかった でもこれ以上迷惑かけたくなかったから
ナムジュン
ナムジュン
ううん、ありがたいけど今度にするよ
と、断った 正直行きたい、あの地獄に帰りたくない
帰ったらジュリーさんが……いるから
ヒュニンカイ
ヒュニンカイ
(´∵`)シュン でも必ず次は来てくださいよ!
ナムジュン
ナムジュン
あぁもちろんだよ、ありがとう
と、僕達はお会計を済ませ帰宅 もちろんあの子達の分も払った 僕の話を聞いてくれたからね
断られたけど 無理やり払ったんだ(笑)
さっきまでの幸せなことを思い出していると
あっという間についてしまった。
ナムジュン
ナムジュン
た、だいま
ジミン
ジミン
帰ってきたんだ、
テヒョン
テヒョン
帰ってこなくていいのに
グク
グク
あんな事したのにまだ謝りもしない癖に
マンネライン……可愛かったのに……
また始まったと僕は軽くスルーして自分の部屋に戻った
そしたらヒョンと肩をぶつけてしまった