無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

622
2021/06/04

第14話

馬鹿な女だ
ユンギside
俺はみんなが起きてないかを確認して直ぐに
カメラを設置する
あいつが何してたかをカメラに抑えるため
これも全部ジュナのためだ
俺がここで動かなかったら
ジュナは俺達のこと嫌いになって出ていくだろう
そんなの許さん それも全部あの女のせいだが
誰もジュナを助けない 俺たちの方が悪い
ユンギ
ユンギ
……早くあいつの本性を……
そして俺は確認して 自分の部屋に戻った
まさか誰かがいたなんて知らずに

























テヒョン
テヒョン
……ユンギ……ヒョン?
テヒョン
テヒョン
あいつの……本性???
それもこのテヒョンに聞かれてしまった



テヒョンside
僕はトイレ行きたくて 起きたんだ
そしたらリビングから明かりが
覗いて見たら何かをしていたユンギヒョン
リビングの周りを見て何かブツブツ言っている
よく耳を立てて聞いてみた
ユンギ
ユンギ
……早くあいつの本性を……
そう言っていた
あいつとは誰のことなんだろう
もしかして ナムジュニヒョン?
それか ジュリーさん……
僕、本当は信じたくなかった
僕の好きな人であるナムジュニヒョンが
ジュリーさんにあんな事をする事なんか
絶対嘘だと思っていた
あんな心優しいナムジュニヒョンがする訳ないって
そう思っていても あの生々しい怪我を見て信じた
なぜ、後から来た女の方を信じちゃったのだろう
テヒョン
テヒョン
……明日……ユンギヒョンに聞いてみようかな
テヒョン
テヒョン
何を知ろうとしてるのか
テヒョン
テヒョン
もし、ジュリーさんの事なら
テヒョン
テヒョン
僕も 暴きたい そしてナムジュニヒョンに謝りたい……
そして僕は朝一番に起きるため
早くユンギヒョンに会うため
眠りについた








ジュリーside
ジュリー
ジュリー
……ユンギって言う奴 
ジュリー
ジュリー
信じてないみたいね
私は自分の部屋でそう考えていた
どうしたらナムジュンを1人にするのか
ジュリー
ジュリー
どうしよっかな〜
ジュリー
ジュリー
あ、明日 朝一番に起こして
ジュリー
ジュリー
リビングで暴力振るわれたことにしよっかな もちろん自分で自分の事を殴る
ジュリー
ジュリー
は〜楽しみ〜
そうワクワクしながら眠りについた私
早く 私だけの王子にならないかしら