無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

754
2021/05/20

第8話

BTSside
リビングにはみんな揃っていたのだ
まぁ、行ったところで無視されるだけだし
僕は、そのままリビングの前を通って自分の部屋へと向かった
ジミン
ジミン
ねぇ
と、ジミナが言った気がする
まぁ僕じゃないだろうけど
やっぱり僕がいたら……ダメなのかな
ジミン
ジミン
ねぇってば
テヒョン
テヒョン
ねぇ ジミナが呼んでんだけど
と、テヒョンアに肩を強く掴まれた
ナムジュン
ナムジュン
イッ…
と、言った瞬間手を離してくれた
痛い……
ナムジュン
ナムジュン
ご、ごめん…まさか自分が呼ばれるとは思わな
ジミン
ジミン
言い訳はいいから
言い訳じゃないんだけどな
しかも僕の方がヒョンなのに…尊敬されてないんだろうな
ジミン
ジミン
その服 自分のじゃないでしょ
あ、忘れてた
あの子たちは最後のお願いで 服を僕に着て欲しいって言ってたんだ
でも、それがなんだ?
ナムジュン
ナムジュン
これは、TXTのあの子たちが着て欲しいって言ったから
僕は、本当のことを言った
なのに
テヒョン
テヒョン
へぇ そんな簡単に人の服着るとか しかもTXTアイドルって自覚あんの? ビッチじゃん
ビッチって言葉は女の方に使うもんじゃないの?
ナムジュン
ナムジュン
え、いや、
と、みんなの方を見たらこっち見ていてびっくりした
いつもは僕のことを空気扱いしてたのに
ナムジュン
ナムジュン
……もう、いいですか? 疲れたので
そう言って僕はそそくさと自分の部屋に向かった
あんな所苦しくて居られないよ
ジミン
ジミン
あっ、ちょっと!
と、ジミナが言ってた気がするが気にしない
ジンside
なんかむしゃくしゃする
男の家に泊まった挙句 その男の服着るとか
もう付き合ってるのと同じじゃん……
ユンギside
帰ってきてくれた
もう帰ってこないと思った
でも ジュナダメだ 男の服着て帰ってくるのは……
ホソクside
なんだ、帰ってきたんだ
帰ってきてもいいことないのに
でも、とこかホッとした気持ちはある……
と、同時に嫉妬に近い気持ち