無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

614
2021/06/14

第16話

ジュリーは○○○○
ナムジュンside
最初から分かっている
ジュリーさんは僕が出ていくのを目標にして
こんな馬鹿げたことをやっているのだろう
ジュリー
ジュリー
んふふ せいかーい 
不敵な笑みを浮かべて僕を見つめるジュリーさん
完全に悪魔な目をしている
ジュリー
ジュリー
でも、私だけが痛いのは嫌だから
ジュリー
ジュリー
お前も道ずれだけどな?
ナムジュン
ナムジュン
?!
そう言って暴力を振るってくるジュリーさん
女性だと思えない力
もちろん服で隠れて見えないところに暴力を振るう
多分みんなにバレないためだよね
ナムジュン
ナムジュン
ウッ…カハッ も、ヤメ……て
ジュリー
ジュリー
っはは いい気味だ
ジュリー
ジュリー
こんなに可哀想に暴力振るわれてんのに
ジュリー
ジュリー
悪者扱いって 可哀想な奴
僕からして本当に可哀想なのはジュリーさんだと思う
こんなことする人は醜い 愚か 人を傷つけていかないと生きて行けない人
僕はみっともなくでかいからだを縮こませジュリーさんに
蹴られ殴られその繰り返しをされた
最悪だ……これじゃ練習できないじゃないか
ナムジュン
ナムジュン
グッ…ケホッ…ゴホッ
ジュリー
ジュリー
うーーーわ 血吐いてんの? 汚
ジュリー
ジュリー
これでも拭けば?
そう言ってジュリーさんは使用済みの雑巾を投げてきた
ナムジュン
ナムジュン
……ァ、アリガ……トウ
ジュリー
ジュリー
?!
そう言ったらジュリーさんは目を丸くして驚いている
ナムジュン
ナムジュン
?💭僕何か変なこと言ったかな
ナムジュン
ナムジュン
ケホッゴホッ……ウッ
ジュリー
ジュリー
も、もういいや 早く自分の部屋に戻れば? 早く治さないと私が怪しまれる
ナムジュン
ナムジュン
え、……💭良かった……のかな?
そう言って彼女、ジュリーさんは部屋を去っていった
僕絶対変なこと言ったよね 
絶対後で酷い目に遭わされるな……
そう思いながら僕はダンスを練習するため練習室へ向かった 




幸い少し痛みが引いてきたからね





ジュリー
ジュリー
チッ なんだ……あの男
ジュリー
ジュリー
こんな時でも優しいし ありがとうってどうかしてるぜ
そこに居たのはナムジュンの練習を覗いているジュリーさんの姿
その手に持っているのは「水」?










???
計画変更 あいつを手に入れてやる