無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

697
2021/07/08

第22話

ヨンジュンside
ヨンジュンside
僕達は今少し時間がかかる距離のレストランに来ている
そのレストランは先輩であるBTSの家からは近い
なぜそんなことを知っているのか
ナムジュニヒョンが言っていたから
そしてこの店は前よくジミン先輩とよく来ていたそう
ん〜じゃあさっきから僕たちの横でこっそり聞き耳をたててる人は
ジミン先輩かな?
あ、そうだ いいこと思いついた
いいこと思いついた僕は隣に座っているスビニに耳打ちをする


ヨンジュン
ヨンジュン
スビナ〜 思う存分ナムジュニヒョンといちゃつきませんか?
スビン
スビン
お?ヨンジュニヒョンも気づいたんだ
ヨンジュン
ヨンジュン
気づいたって……スビナもしかして
スビン
スビン
うん僕も気づいたよ
スビン
スビン
3人も気づいてるらしい 1人覗いては
ナムジュニヒョンは気づいていないらしい
なら都合がいい 今までナムジュニヒョンを苦しめた人には
なむジュニヒョンを返す訳には行かん
しかし、あんなジミン先輩しか着れないオシャレな服着てたら気づきますよ
けど僕たちに夢中なナムジュニヒョンは気づいてない
ヨンジュン
ヨンジュン
ナムジュニヒョン 僕ナムジュニヒョンと一緒に寝たいです〜
ナムジュン
ナムジュン
えっ……あ、え?急にどうし
スビン
スビン
ヨンジュニヒョンより僕と一緒に居てください
これは演技だけど言ってることは本当
ボムギュ
ボムギュ
ねぇ 僕達もやろうよ
ヒュニンカイ
ヒュニンカイ
当たり前じゃん
テヒョン
テヒョン
ナムジュニヒョン ずっと僕達と一緒に暮らしてもいいんですよ?
ナムジュン
ナムジュン
え、そ、それは……
ナムジュニヒョン困っているけど これはしょうがないこと
ジミン先輩に見せつけないと
ボムギュ
ボムギュ
僕達と一緒にTXTやっていきましょうよ〜
ヒュニンカイ
ヒュニンカイ
ナムジュニヒョン色気あって最高だし ダンス練習してるとこみたいです!
さりげなく変態なことを言うヒュニン
ナムジュン
ナムジュン
……ごめんね 僕はBTSと頑張っていきたいんだ だから
ヨンジュン
ヨンジュン
そんなの分かってますよ
ヨンジュン
ヨンジュン
隣りみてください
いるはずのないジミン先輩が居ることにより
驚きを隠せないナムジュニヒョン
会計してさっさとナムジュニヒョンをここから離れさせないと
スビン
スビン
それじゃ会計済ませましょ
ナムジュン
ナムジュン
う、うん
そう言ってまだ硬直しているジミン先輩を置いて僕達はその場を後にする





ジミンside
ジミン
ジミン
チッ クッソ……ジュニヒョン……
自分よりあの子たちを優先するのが気に食わなかった
明日絶対奪い返してみせる
あんなわかりやすい見せつけ方 
イラつく……