無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🥀



in 学校



(なまえ)
あなた
📱  家の鍵渡すから昼休み北校舎裏まで来て





そして昼休み ←(早!?)




(なまえ)
あなた
︎︎☁︎︎そろそろ行くか
ヨジャ1
さっきの呼び出し、告白だよね~
ヨジャ2
勇気あるよね、あのテヒョンくん相手に
(なまえ)
あなた
!?
ヨジャ2
まあ無理だろうけど、テヒョンくんに告白してくるこ地雷だもん
ヨジャ1
なんで知ってるん?
ヨジャ2
同中だし
(なまえ)
あなた
っ、あの!
(なまえ)
あなた
その話詳しく聞いてもいいかな…







────────────────









校舎裏
(なまえ)
あなた
I˙꒳​˙) いない…
(なまえ)
あなた
︎︎☁︎︎まだかな…




「中学のときなんだけど…」



ヨジャのこ話によると





テヒョンくんのお母さんが猫アレルギーなっちゃったらしく愛猫を手放すことになり



遠くに引越してしまう知人が引き取り手になって…


お別れの日



学校終わってダッシュで帰っていた彼に対し



話がある とヨジャ数名が足止め、



告白を断ってもしつこくねばりモメた結果



見送りも出来ないまま、愛猫が引き取られてしまった







「それ以来告白してくるこにはとことん冷たくなっちゃったみたい…」







───────────────





(なまえ)
あなた
︎︎☁︎︎だからあんなにトゲトゲしてたのか…




『二度と話しかけんなよ、ブス』




あの時はウザイと思ってたのに、今はどうしようもなく悲しい…



(なまえ)
あなた
︎︎☁︎︎モヤモヤする…








NEXT>>>>