無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🥀


in 玄関前


(なまえ)
あなた
フゥー

やばいめっちゃ緊張してるんだけど…
(なまえ)
あなた
ただいまー





















げっ


(なまえ)
あなた
︎︎☁︎︎ん?今、げっって聞こえたよね?うんそれで聞き覚えのある声なんだけど?しかもついさっきえ、まって、やな予感、どうか聞き間違いでありますように…
(なまえ)
あなた
|´-`)チラッ
(なまえ)
あなた
っわ、
テヒョン
テヒョン
マジかよ、ここお前ん家?
(なまえ)
あなた
なんでいんの!?
テヒョン
テヒョン
え、聞いてねーん?
オンマ
あっ!おかえりあなた
待ってたわよ~
オンマ
紹介するね
オンマ
今日から1年間一緒に生活することになった
ソアさんの息子さん
オンマ
キム・テヒョンくんよ!
(なまえ)
あなた
...(ㅇ¬ㅇ)
(なまえ)
あなた
男なん!?
オンマ
言ってないっけ?
(なまえ)
あなた
うん!もう何も情報かいてなかったよ!?


っあ~!もう!こいつといっしょとかきいてないし!よりによってこいつ!?まじないわ~数時間前の私だったら喜べてたかも、けどさあんなにクソだと知っちゃったからもうほんとやんなっちゃう…


オンマ
っま、そんなわけだからテヒョンくんの手伝いよろしくね~
(なまえ)
あなた
え
オンマ
オンマご飯の用意してくるわ
(なまえ)
あなた
待ってよっ、まだ話し終わってn





NEXT>>>>