無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🥀
学校一美人な先輩
学校一美人な先輩
何あれ~!?ありえないんだけどぉ~!‪💢



──────────────





リュジン
リュジン
学校一の美人ですら興味なしとか…
(なまえ)
あなた
理想高すぎん??
ジス
ジス
案外B専だったりするかもよ?ㅋ
リュジン U
それはそれでなんかヤダっ…
ジス
ジス
あっ、あははー
リュジン
リュジン
でもさっ!
リュジン
リュジン
あんなに美人さんに囲まれて動じないってことは意外と普通くらいの子が好きってこともあるくない?
ジス
ジス
それがマジなら
ジス
ジス
うちらにもワンチャンあるくね?ㅎㅎ
(なまえ)
あなた
︎︎☁︎︎あるのかな…ワンチャン



──────────────


リュジン
リュジン
あなた~かえろー
ジス
ジス
っあ、もしかしてあなたゴミ捨て当番じゃない?
(なまえ)
あなた
うわお
(なまえ)
あなた
先帰ってて~


─────────────




in ゴミ庫


両手にゴミ袋 ゴミ庫についたら まさかの!






NEXT>>>>