第16話

出会い1
3,178
2021/09/26 15:30
あなたside
今お昼ご飯が終わって先生達が出ていって暇になっちゃった
(なまえ)
あなた
なにしよ…
こっそりお散歩でもしようかな
この病院内探検した事ないし
人の多い所にさえ行かなければ大丈夫だよね
(なまえ)
あなた
よし…!
そこから私あなたの院内探検が始まった
﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏
(なまえ)
あなた
どこ行こっかなぁ
その辺をゆっくり歩いていると













目の前にるぅと先生発見
(なまえ)
あなた
やっば、逃げよ
こっそり小走りで人気の少ない所まで逃げた
(なまえ)
あなた
ケホ ケホふぅ
(なまえ)
あなた
疲れた…
こういう時自分って心底体力ないなって思うんだよね〜
(なまえ)
あなた
てか、ここって
そこにはプレイルーム的な可愛らしいお部屋があった
(なまえ)
あなた
入ってみよ…
ゆっくり扉を開けて入ってみると





















そこには同い年ぐらいの男の子が寝そべって居た
(なまえ)
あなた
ぁぁ、し、失礼しましたっ!?
そう言って勢い良く扉を閉めようとした
そうしたら
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
ちょ、ちょっと待ってぇ!?
(なまえ)
あなた
ビク
(なまえ)
あなた
あっ、あの…
(なまえ)
あなた
本当に、す、すみません
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
いやいや、こちらこそごめんね
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
急にビックリしたよね
(なまえ)
あなた
ぁ、いや、その
こちらこそ…
﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏
祐斗side
いや、ね
此処、誰も居ない部屋だから寝そべってたら可愛い女の子入って来てビックリ
でも、さっきからちょっと様子変なんだけど
大丈夫…じゃないよね、
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
君?大丈夫?
(なまえ)
あなた
ぁっ、だ、大丈夫です…
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
じゃないね、んしょ
そう言って、起き上がって
その子に近ずいた
(なまえ)
あなた
こっ、こないでっ!
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
あっ、わりぃ…
(なまえ)
あなた
ぁ、あぁ
ご、ごめんなさいっ、ごめんなさいケホゲホ ヒュー
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
ちょっと待ってて、俺先生探して来るわ!
﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏﹏
あなたside
あぁ、まただ
助けてくれようとした人を勝手に払い除けて傷つける
私のせいだ
私は最悪だ
(なまえ)
あなた
ゲホゲホッ ハァヒュー くる、っしケホ
上手く息が出来なくなった
なんならここで死んでもいいかも
なら、楽かも
なんて考えてると
何処からかさっきの男の子ところん先生の声がした
ころん
ころん
あなたちゃーん、大丈夫だよ
僕の声聞こえる?
(なまえ)
あなた
ころっ、ケホケホゲホッ せんせ…
ころん
ころん
そうだよ、少し落ち着いたら部屋戻ろうね
(なまえ)
あなた
コク ケホ ゲホヒュー
ころん先生はそう言い終わると私の背中をゆっくり摩ってくれた
ころん
ころん
大丈夫、ゆっくり、ゆっくり呼吸しようね
(なまえ)
あなた
ケホッ ハァ ゲホケホ フゥ…
ころん
ころん
そろそろ、お部屋戻ろっか
(なまえ)
あなた
コク…
そのままゆっくり抱き上げられた
ころん
ころん
あっ、祐斗くんありがとね!
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
あ、いえ…
全然大丈夫っす
(なまえ)
あなた
ぁ、ごめん、なさい…
葉流乃  祐斗
葉流乃 祐斗
ん〜ん、また話そ ニコ
あ、この人は信じても大丈夫なんだ
そう思わせてくれる声色だった












そう思わせてくれる笑顔だった

プリ小説オーディオドラマ