無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,115
2020/06/04

第5話

高校生活スタート
あなたside




自己紹介なんて苦手だ




ジロジロ見られて怖い…




私が入ってきた瞬間みんなが残念がったのが分かる




ニヤニヤ、ザワザワ、くすくす




私が陰キャだから、男性恐怖症だから




誰とも仲良くなれないの




自分だって望んで男性恐怖症になった訳じゃないのに




なんだここまで苦しまないと行けないの?




阿部 「じゃあ、藤木さんの席はあそこだから」




小走りで自分の席に向かう




自分の席の前に座ってる男の子と目が合った




怖くてすぐ逸らす




誰にも注目されないまま、静かに学校生活を送りたい…




早く制服届いて…




1人だけ違う制服で教室にいることが耐えられない




手足が震える




○○ 「はじめまして!」




隣の席の男の子が話しかけてきた




あなた 「ビクッ(´・ω・`Ⅲ)」




○○ 「俺、黒田光輝!よろしく!」




あなた 「…(●´_ _)ペコ」




怖い…やめて、話しかけないで…








前の学校には、女の子しかいなかった




人見知りだったけどちゃんと友達もいた




でも、ここは違う。男の子がいる教室で




友達なんか作れっこない




ホームルームが終わって私の席の周りは取り囲まれた




女1 「ねぇねぇ!どこの高校から来たの?」




あなた 「…し、私立白百合女子高等学校」




女2 「えー!めっちゃお嬢様がっこうじゃん!やば!」




女2 「女子校で彼氏できるの?」




あなた 「……」




男1 「ねぇ、なんでそんな下向いてんのー?」




あなた 「…:(´◦ω◦`):プルプル」




男2 「めっちゃ無視すんじゃん笑 感じ悪くね?」




女3 「それなー笑 もう行こ」




あぁ、やっぱりダメだ…




私の高校生活、終わった…





________________

作者です!




あなたちゃんがお父さん以外に唯一



心を開いてる幼なじみの男の子は?




1、深田くん


2、平塚くん


3、北川くん





忍者は主に高校生組でみんな同学年です…🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️



安心してください!中学生組も出そうと思ってます!