無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

この花火が消える頃   大西流星
You
You
はえ、あ
そーなの。?
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
う……ん
You
You
そっかぁ、私もだよ、
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
まじかぁ… 生きてる時に言えばよかった
You
You
そうだよ、何で今更 "泣
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
ごめんな、
You
You
また、!また!生まれ変わったら
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
今度は絶対…でしょ?
You
You
そうっ!!
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
でもな、
 最後の花火が消える頃には

あなたの記憶から僕は消えるんよ
You
You
そんなの、知らないよ
私は忘れない
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
この夏が終わる頃には
完全に消えるから
You
You
最後の花火が消えても
じきに夏が暮れても

きっときっと覚えてるから!
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
約束ね、

ひゅーー

 ドンッ

  大きな音を立てて花火が消えてった
最後の花火。

綺麗ではっきりしてて
どこか切なく儚いような花火。

僕のことも君の記憶から

もろく儚く消えてしまうのかな、
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
あぁ、もう時間だ
You
You
やだっ、やだ
りゅ〜ちぇ
りゅ〜ちぇ
生まれ変わったら、でしょ?
You
You
っ………うん!


そうやって君と話しながら
僕は
空に消えていく









続く→

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

紅菜 🎭🥀
紅菜 🎭🥀
    ふーがの姉貴っす(は ひょんぐ 🌙🔭 🚀🌟/🍼💕/🦁💍/💎🍎/ 💫🗝️ まいファンマ→🍩💫 まほ子大好き。 やっと、会えたね 笑 __________________  約束するよ"あの場所"に連れてくから
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る