無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🍼
『ただいま!お兄ちゃん!』



松村「あれあなた早くない?」



『ほっくん来てたんだ!』



田中「みんないるよー」



『まま!ちょっと本屋行ってくる』



お母さん「あ、ちょっとあなた!」



『いってきまーす』



近くの本屋さんまで走って買って帰ってきて



大我「何買ってきたのー?」



『この雑誌』



森本「これ俺らも載ってるやつじゃんw」



『やっぱりこれ…』



松村「あなたのやつと一緒じゃん」



『このネックレス手作りのやつだから1つしかこの形のないの』



田中「じゃああなたの探してた人って」



ジェシー「浮所じゃんHAHAHA」



『あ、お兄ちゃん載ってる!』



高地「なんか自分が載ってる雑誌人が見てるの見るの恥ずかしいw」



松村「それが仕事だろw」



『あ、ねぇなんか雛音がジャニーズ銀座?当たったから一緒に行ってくるね』



森本「あー美 少年の」



『そういえば学校でSixTONESめっちゃ流行ってるよ』



ジェシー「えぇー嬉しいーAHAHAHA」