無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
24
2018/06/04

第4話

信じたい🙏💓⿴
(この子は信用していいのかな。前の子みたいに私を裏切らない?本当に?信じられる?今までそうやって傷ついて来たのに)
(過去の事は話さないでおこう。まだ。)
(でも…)
羽夏
羽夏
あなた!聞いてるー?
あなた

わっ!ごめん。聞いてなかった。

羽夏
羽夏
さっきはありがとう!
羽夏
羽夏
ちょー嬉しかった!
あなた

こちらこそありがと。

羽夏
羽夏
みんなが
--
集まってたみんな
集まってたみんな
羽夏愛されてんなー
集まってたみんな
集まってたみんな
あんな友情羨ましい
クラスメイト
クラスメイト
あなたさんの見方が変わったよーw
クラスメイト
クラスメイト
羽夏の言う通りめっちゃいい子だね。
ーー
羽夏
羽夏
って!言ってた!
あなた

なんか恥ずかしいな///

羽夏
羽夏
私も///
あなた

ねぇ。

羽夏
羽夏
ん?
あなた

私、あなたを信じていいの?

羽夏
羽夏
え?wどうしたの?w
あなた

ううん。なんでもない。

羽夏
羽夏
よく分かんないけど…信じて!
羽夏
羽夏
なんかね?あなたと初めて会った時に思ったんだこの子は他の友達とは違うって!
羽夏
羽夏
あと、大親友が悲しむような事は絶対しないから😁
あなた

羽夏…

羽夏
羽夏
気が向いたら詳しく教えて!
あなた

ありがとう。

(あぁ。この子は信じても大丈夫かもしれない。)