無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

夏休み
あなたside





昨日は海でたくさん遊んだので、今日はお買い物に行きます!!!!





『あっついねー。』
風磨「だな。サングラス、サングラス…どこやったっけ?」





準備ができたら外に出ます!





『わあ、外もっと暑かった。』
風磨「日差しつよっ!」





暑い暑い言いながらもなんだかんだ楽しんでる私たち。
そしてあっという間に夜に。ホテルに戻ってきて荷物を置くと





風磨「なああなた、今からビーチ行かね?」
『行きたい!!』





夜のビーチかあ…、憧れですね笑。










ビーチ



『静かでいいね。』
風磨「ん、のんびり過ごせるしいいよな。」
『楽しかったなー…。でももうちょっとで終わりだね。』
風磨「あっという間だったな。」
『そうだね、…連れてきてくれてありがとう。』
風磨「ふはっ笑、何いきなり。」
『ただお礼が言いたかっただけ!!//』
風磨「そーんなに焦っちゃって、かーわい(ボソッ)」
『ん?』
風磨「なーんも、こちらこそありがと(チュッ)」
『ふふ////』





楽しい楽しい夏休みでした!!!!!!