無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

夏休み
あなたside





今日は海で遊びます!
ハワイの海ってテレビで見るよりすごくきれい!!透き通ってるよ!わあああああ。





『人たくさんいるね。』
風磨「ま、いいでしょ。」





日本人って結構いるんだね。





『場所取り場所取り、…』
風磨「ここは?」
『いいじゃん、そこにしよ。』





場所取りできたからさっそく準備しなきゃ!





『風磨ー、背中に日焼け止めクリーム塗ってくれない?』
風磨「おう。」





事前に水着に着替えていたから、その上に着ていたパーカーを脱いだ。





風磨「なんかさ、……」
『ん?』
風磨「男の人が女の人の背中に日焼け止めクリーム塗るって…………エロくね?」
『いや、エロくない。(即答)』
風磨「だってさ、体さわってるわけじゃん。こーゆーふうにさ、…。」





そう言って風磨は指を立てて背中をツーッとなぞった。





『ねえ風磨!!他の人もいるから!!(小声)』
風磨「そっか、続きは夜やるからいっか。」
『なっ////////』





ほんとにっ、この人って人は!!