無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

ケンカ?
あなたside





『ただいま…。(小声)』





返事ないからやっぱり寝てるのかな。
正直まだ怒ってるし、でも申し訳ない気持ちもあるし、なんていろいろ考えながらリビングに向かっていると、リビングのドアが開いた。
そこには風磨がいて、





『ふま……、っ!!』





目が合った私は気まずく感じてとっさに背を向けてしまった。すると後ろから大きな体で包み込まれた。





『えっ…。』
風磨「あー、やっぱ安心する。」





それからなぜか一緒にお風呂に入ることになってしまい、お風呂の中でもずっと後ろから抱きつかれている状態です。





『ねえ、私一応まだ怒ってるんだよ?』
風磨「ん、知ってる。」





知ってるとか言ってるけど、後ろから抱きついたまま私の肩と首の間に顔を埋めてくるし。(伝われ)
この状況はどうしたらいいんでしょうか。
お風呂を出た後もなんかすごいくっついてくるし、なんならいつも以上に甘々なんですけど。
いつも怒らない私が怒ったから逆にご機嫌とりというか、気使わせちゃってるのかな。





『ねえ風磨ってば、ちょっと離してよっ。』
風磨「だーめ。」
『どうしたの?』
風磨「んー?どうしたのってなに。」
『いや、いつもと違うし、その、…あんなこともあったから。』
風磨「………ふはっ。」
『え、?』





え、今笑った?私結構真面目に話してるんだけど。