無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

クリスマス
あなたside





真っ赤なお鼻のートナカイさんはー♫の季節でございます。
みなさん、ハッピーメリークリスマス!!!!
今日私はクリスマスパーティーをしたい、ということで風磨に交渉します。





『ねえねえ、風磨さーん。』
風磨「…」
『おーい、聞こえますかー。』
風磨「…」





え、今日は聖なる夜だというのに(まだ夜ではない)←
スマホばっかりいじって。





『ふっうっまー!!』





あまりにも反応がないので耳元で叫んでみた←





風磨「るっさ、なに。」
『今日クリスマスじゃん?だからクリスマスパーティーしたいの!』
風磨「でももう夕方じゃん。今から買い出しとか行ったら夜遅くなるよ。」
『ふっふっふっ。そんなこともあろうかとチキン、ケーキの予約OK、飾り付けももう買ってあります!』
風磨「ふはっ、やる気満々じゃん笑」
『へへっ笑』
風磨「っし、準備するか。」
『うん!』





やったやった!念願のクリスマスパーティーができる!!