無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ケンカ?
あなたside





突然ですが、今私は家にいません。
家を出てから20分くらい歩いたかな、どっかの公園にいます。やばい迷子。←
なんでこうなったのかといいますと、










30分前





『ただいまー!遅くなっちゃった。』
風磨「おかえり。な、お前のもの壊しちゃったんだけど、。」
『えっ、そうなの?大丈夫だよ!しょうがないしょうがない!』
風磨「ほんとに?これなんだけど……。」
『……え、これ。』
風磨「壊れたって言ってもちょっと欠けたくらいだし、でも壊れたのが嫌なら買い直してやるし、
……な?」
『買い直す?………なにそれ、そんなの望んでない。』
風磨「…」
『なんで何も言わないの………、もういい。』










って言ってスマホだけもって家出てきちゃったんですけど、お金ないからホテル泊まれないし、こんなこと初めてしたからどうしたらいいか分からないし、もうどうしよう。
とりあえず寒いからコンビニ行こう( )










道わからなかったから尻使ったけど予定時間の2倍かかりました。やっぱり方向音痴は何使っても無理((
あー、コンビニあったかい。










「あれ?あなた?」










ん、?