無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

忘れ物
あなたside





建物の中に入ったものの、広すぎてわかんない!
風磨たちの貸切かと思ったら結構別の雑誌の撮影の人もいるみたいだし。
とりあえず勘で探します。





『ここかな?』
カメラマン「いいよいいよー!あーカワイイねー!!」
『あ、…失礼しましたー。(小声)』





全然違うところでした。





『じゃあここ?』
カメラマン「はい、そー!!もっとスマートに決めて!!全然足りない!!」
スタッフ「誰?新入りのAD?」
『あ、いや、違います。し、失礼しました。』





ここも違う。あー、めっちゃ焦った。





『最後はここ…。』
カメラマン「あ、いい!かっこいい!正面いってみる?そーそーそー!!」





はっ!!やっと見つけた、風磨だ!!





スタッフ「あの…。」
『あ、菊池風磨の妻なんですけど、忘れ物を届けに…』
スタッフ「あ!どうぞ!」
『すみません、ありがとうございます。』





Sexy Zoneのみんなだ!!
風磨は今健人くんと撮影してる。





マリ「あ!あなたちゃーん!」
『マリちゃーん!』
勝利「え!?なんでいるの!!」
『風磨の忘れ物届けに来たの。』
勝利「なるほどね。」
聡「今風磨くん撮影してるよ。見る?」
『見る!!』





撮影してるところ生で見れる!!やったね!!