無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

忘れ物
あなたside





みなさんおはようございます。ただいまの時刻、午前9時です。今日は大学の講義ないんだよなー。暇だ。
…家の大掃除でもしようかな?
と考えていたら





ピコン♪





ん?風磨からLINEだ。
風磨
風磨
おーい、あなたー
起きたか?
あなた
起きましたよー
風磨
風磨
ちょっとお願いがあるんだけ
ど、テーブルの上に書類置い
てない?
あなた
あー、あるある
風磨
風磨
それを今いる撮影スタジオに
持ってきてほしいんだけど
あなた
了解です
風磨
風磨
地図送るから
風磨
風磨
(地図)





おおー!!暇じゃなくなったよ!!
って事で今から風磨のいる撮影スタジオに行きまー…
まって、え?撮影スタジオ…?うそ!?
暇じゃなくなったとか言ってる場合じゃないよ!!!!
1回落ち着こう。…ここは風磨の"奥さん"としてちゃんとしなきゃ。










撮影スタジオ



『うわー、こんなに大きいんだ。』





こんなことしてる場合じゃない!
早く届けなきゃ。





『すみませーん。忘れ物を届けに来たんですけど…。』
警備員「名前の方聞いてもよろしいですか?」
『菊池です。』
警備員「確認しますね。」
『はい。』
警備員「どうぞこちらから中にお入りください。」










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





うれしい♡
ありがとうございます!