無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

放課後 __ .
キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン 🔔

放課後 。

今日は 、かあさんと話すことがあるし 、

早く帰ろうと思って 、1人で帰ろうと廊下を出ると

廊下には 、壁に寄りかかっている藤枝さんがいた 。

『えっ ?? 藤枝さん ??』

じん「あ 、来た 。」

そう言うと 、藤枝さんは私に向かって手を振った 。

じん「一緒に帰らない ??」

『うん 、』

藤枝さんと帰るってすごい緊張する 。。

でも 、いま聞きたいこと聞かないと 。

『あの 。。さ 、』

じん「うん ??」

『藤枝さんのお母さんってどんな人なの ??』

じん「俺のお母さん ??」

藤枝さんは上をむいて 、「んー 、」と考えた


じん「優しくて 、でも面白い人 。」

『へえ 、なんか思ってたのと違う 。笑』

じん「そう ??」

『うん 、婚約頼んでくるぐらいだから 。笑』

じん「そっか 。笑」

藤枝さんは少し笑ったあと 、口を開いた 。

じん「俺のことは 、" じん " って呼んでいいよ ??」

『えっ 、呼び捨て ?!』

じん「いや 、俺もあなたのことあなたって呼んでるし 。笑」

『でも 、呼び捨てかあ … 』

じん「ほら 、" じん " って言ってみな ??」

『ええー 、』

じん「せーの ??」

『じ 、ん 、くん』

じん「/////」

え 、じんくん照れた ??

じん「" くん " 付けの方が照れる /////」

『え 、照れてんの ?? (( ニヤ』

じん「は 、は ?! あなたいま笑ったやろ !!笑」

『あ 、あ 、もしかしてほんとに照れてました ?? 笑』

私はわざとじんくんに顔を近づけた 。

じん「照れてないから !!/////」

『ほら 、また照れた !!笑』

じんくんと話してると 、すごい楽しい 。。

しかも 、心が落ち着く 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

だ あ す 。
だ あ す 。
名 前 戻 し ま し た 。 前 → あらん🌸 やっほ〜!! あらんです✋ 🌷あらん🌸 🌷ちゅ〜がくいちね〜ん!! 🌷いちがつついたち〜🎍 🌷すかいぴ〜すとめるてぃ〜び〜すき♡♡♡ 🌷ころっけとぽてぇ〜とぉ〜はごっど😇✨💕 🌷プリ画でもかつどうちゅ〜♡♡♡ 🌷自由気ままに投稿します!! 🐨❤🐨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る