無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

放課後デート __ .
キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン 🔔

先生「始めるぞー 、」

1限目の数学 。

私は授業に集中ができなかった 。

ずーっとじんくんのことを見ていた 。

『はあ 、』

すると 、じんくんは私の視線に気づいたのか 、私の方を向いた 。

『えっ 、』

じんくんがこっちを向いたとき 。

私とじんくんは目が合った 。

じんくんは私を見て 、ニコッと笑って 、

手を振ってきた 。

ああああああ /////

なにあの天使みたいな笑顔 … /////

完全に今の私は脳内お花畑だ 。

先生「藤田 、聞いてるか ??」

『はっ 、はい 、聞いてます !!』

突然先生に話しかけられて 、私はびっくりして裏声になった 。

どっと笑うクラスのみんな 。

私の方を見て 、くすっと笑うじんくん 。

ああ …

今日はいろんな意味でやばい …





















授業が終わって 、放課後 。

教科書をバッグに急いで入れて 、私は廊下に出た

昨日 、じんくんが寄りかかってたところで 。

そして 、ちょっとしてから 、

じんくんはキョロキョロしながら 、廊下に出てきた

私を探してるのかな ??

と 、思いながらそのままじんくんを見てると 、

じんくんは私を見つけて 、笑った 。

じん「ここにいたか 、笑」

と言った 。

やっぱ 、私のこと探してたんだと思うと 、

すごくかわいらしく思えた 。

『どこいくのー ??😳』

じん「内緒 !!」

じんくんはにこっと笑った 。

-----------------

そのままじんくんに着いていくと 、駅前に着いた

私の家の近くの駅前は雑貨屋さんとかパン屋さんとかたくさんある 。

じんくんはここに来たかったのかな ??

じん「わあー 、ここ引っ越してきてすぐのときに見て 、面白そうだなって思ったの !!」

駅前でわちゃわちゃうさぎみたいにとびはねて喜ぶじんくん 。

『いろいろ見ていこっか !!』

じん「うん !!」

私たちはまず 、スタバに入った 。

そのときも 、じんくんはすごく楽しそうだった 。

こんなじんくんをずっと見てたい 。

そう不意に思ってしまう 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

だ あ す 。
だ あ す 。
名 前 戻 し ま し た 。 前 → あらん🌸 やっほ〜!! あらんです✋ 🌷あらん🌸 🌷ちゅ〜がくいちね〜ん!! 🌷いちがつついたち〜🎍 🌷すかいぴ〜すとめるてぃ〜び〜すき♡♡♡ 🌷ころっけとぽてぇ〜とぉ〜はごっど😇✨💕 🌷プリ画でもかつどうちゅ〜♡♡♡ 🌷自由気ままに投稿します!! 🐨❤🐨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る