無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

あなたの優しさ __ .
あなた side .

じんくんに抱きしめられた私はいつの間にか泣いていた 。

テオを怒られせちゃったかもしれない

っていう不安と ,

じんくんの温もりに安心した気持ちで __ .


少ししても泣きやまない私は 、

これ以上じんくんにこんな姿を見せたくないから 、

もう帰るね と言った 。

すると 、じんくんは だめ ,と呟いた 。


『なんで 、??』

じん「泣いてる女の子ひとりで帰らせるわけないじゃん 、」

嗚呼 ,じんくんはどこまで優しいんだろ 。




































結局 ,じんくんは私を家まで送ってくれた 。

『今日はありがとう 、それと ごめんね 。』

じん「ううん 、全然 。
いつでも俺のこと頼っていいから。」

そのあと 、じゃあね 。と言って 、じんくんは帰った 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

だ あ す 。
だ あ す 。
名 前 戻 し ま し た 。 前 → あらん🌸 やっほ〜!! あらんです✋ 🌷あらん🌸 🌷ちゅ〜がくいちね〜ん!! 🌷いちがつついたち〜🎍 🌷すかいぴ〜すとめるてぃ〜び〜すき♡♡♡ 🌷ころっけとぽてぇ〜とぉ〜はごっど😇✨💕 🌷プリ画でもかつどうちゅ〜♡♡♡ 🌷自由気ままに投稿します!! 🐨❤🐨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る