無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

" 俺だけを見て "
Jin side .

あなたといる時間はあっという間に感じる 。

もっと一緒に居たい 。

もっと知りたい 。

もっと分かりたい 。

もっと話したい 。

そんなとき 、思わず口から出た言葉 。

もっと一緒にいたい 。

あなたは俺の言葉に反応して 、俺の腕を引っ張って言った 。

『もっと一緒にいる ??』

俺はよく分からなくなってあなたをじーっと見つめる 。

そして 、やっと状況を理解し 、照れる 。

じん「もっと一緒にいたいです /////」

あなたって 、たまに照れるのに 、

急にドSになったり 。

そんなところに照れてしまうのは 、

俺はただのドMなのか 。


そのあと 、あなたと少し会話をする 。

その会話にいちいち照れるあなた 。


そのとき 、俺の後ろから聞こえた言葉 。

テオ「あなた ??」

『え ??』

俺が振り返るとそこには 、朝 、俺と話したクラスメートがいた 。

『テオ 。』

じん「テオ ??」

『あ 、同じクラスの寺島 テオ 。』

おう 、と小さい声で呟く俺 。

俺を見てぼーっとしている寺島とかいうやつ 。

『ああ 、こっちは藤枝 仁くん 。』

あなたが寺島に話しかけると 、寺島は素っ気なく

テオ「知ってる 。」

と言った 。

そりゃあ 、そうだよな 。

俺ら 、朝話したんだし 。

寺島もあなたのこと好きなんだろな 。

でも 、別に渡す気はない 。

テオ「デート ??」

『でっ 、デートじゃないし /////』

あなたは照れた 。

テオ「そっ 。」

じゃあな 、と言って歩き始める寺島 。

『待って 、』

あなたが寺島に向かって言う 。

じん「あなた ??」

『テオ 、なんか怒ってる ??』

寺島はあなたの方をみて 、

テオ「別に怒ってねえ 、」

と言った 、

あなたは 、小さい声でそっか 、と言う 。

そのまま寺島は帰った 。

『テオのこと 、怒らせちゃった 。。』

落ち込むあなたを見て 、

俺は無意識にあなたを抱きしめていた 。

『じん 、、くん ??』

じん「あいつのことなんかいいから 。」

" 俺だけを見て "

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

だ あ す 。
だ あ す 。
名 前 戻 し ま し た 。 前 → あらん🌸 やっほ〜!! あらんです✋ 🌷あらん🌸 🌷ちゅ〜がくいちね〜ん!! 🌷いちがつついたち〜🎍 🌷すかいぴ〜すとめるてぃ〜び〜すき♡♡♡ 🌷ころっけとぽてぇ〜とぉ〜はごっど😇✨💕 🌷プリ画でもかつどうちゅ〜♡♡♡ 🌷自由気ままに投稿します!! 🐨❤🐨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る