無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

おはよう __ .
🐥 コッケコッコー 🐥

『うわ 、はれぼったい 。』

朝目が覚めると 、私の目は少し腫れていた 。

『さいあく …』

もうしょうがないから 、そのまま準備をした 。

-----------------

ピーンポーン 🔔

母「誰だろ ?? あなた出といてー 、」

いつもより早く準備が終わってスマホをいじってたとき 、家のインターホンが鳴った 。

『はあい 、』

私がドアを開けると 、そこにはじんくんがいた 。

『え ?! じんくん ?!』

じん「おはよ 、あなた 。」

私の声に反応したかあさんがニコニコで玄関に来た

母「あら 、じんくん !!」

じん「あ 、おはようございます !!」

母「おはよう !! あなた迎えに来てくれたの ??」

じん「はい !!」

え 、どういうこと ??

母「あなた 、学校いってらっしゃい !!」

そう言うと 、かあさんは私にバッグを渡した 。

じん「行こっか 。」

じんくんはそう言うと 、私の手を繋いだ 。

『えっ 、ちょ 、/////』

じんくんはそっぽを向いてこっちを見てくれなかった 。

でも 、

じんくんの耳は少し赤くなっていた __ .

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

だ あ す 。
だ あ す 。
名 前 戻 し ま し た 。 前 → あらん🌸 やっほ〜!! あらんです✋ 🌷あらん🌸 🌷ちゅ〜がくいちね〜ん!! 🌷いちがつついたち〜🎍 🌷すかいぴ〜すとめるてぃ〜び〜すき♡♡♡ 🌷ころっけとぽてぇ〜とぉ〜はごっど😇✨💕 🌷プリ画でもかつどうちゅ〜♡♡♡ 🌷自由気ままに投稿します!! 🐨❤🐨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る