無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

記憶の片隅に(M.Y)


1度は別れようとも思った。
でも、良くんのいるグループの
メンバーさんや両親に食い止められた。


『絶対に思い出すから。思い出させるから』


そんな事言われたな。

まぁー、入院してから数ヶ月
思い出す事は今のところないんやけどね


正門良規
正門良規
っ…
希空
希空
良くん?頭痛い?
ちょっと待ってて?


引き出しに手をかけて
薬を取り出す


希空
希空
はい、落ち着いたら飲んでね?
正門良規
正門良規
あり……がとう
希空
希空
どういたしまして


良くんに薬を渡して
帰りの支度をする


正門良規
正門良規
もう帰るん?
希空
希空
うん。
私も仕事あるから行かな。
正門良規
正門良規
そっか。
来てくれてありがとう
希空
希空
無理しないでね


その一言だけ残して
病室の扉を静かに締める


希空
希空
っ…………
希空
希空
(そろそろ限界や……良くん……)
心の中でそう呟き歩きだそうとすると
あれ?希空ちゃん?


後ろから声をかけられて振り向くと
そこには良くんと同じグループの
末澤くんがいた

希空
希空
末澤くん
末澤誠也
末澤誠也
お見舞い終わり?
希空
希空
うん。あんまり長いすると辛くなるから
末澤誠也
末澤誠也
希空ちゃんこの後暇?
希空
希空
へ?


末澤くんに思ってもない一言を言われた


末澤誠也
末澤誠也
暇ならさちょっと俺とお茶しーひん?
別に変な意味ちゃうで?笑

もちろん彼に深い意味がないのは知ってる
だって良くんのメンバーやし
私がマネージャーを担当してる
人でもあるんやから
希空
希空
ええよ。
したら、車で待っとるね
末澤誠也
末澤誠也
いや、希空ちゃんも部屋入ろ


ガシッと腕を掴まれて
はんば無理やり部屋に戻される


末澤誠也
末澤誠也
元気ー?
正門良規
正門良規
あれ?希空ちゃん
末澤誠也
末澤誠也
そっ。今そこで会ったからついでに
正門良規
正門良規
仕事あるって言っとたから
無理に連れてくるなや。末澤
末澤誠也
末澤誠也
大丈夫やって


うん。実は本当に大丈夫。
仕事って言っても私はAぇgroupの
マネージャー
今は滝沢くんが傍に居てやれって事で
配慮してくれて長期の休暇を貰ってる


末澤誠也
末澤誠也
元気そうやん
正門良規
正門良規
まぁ
末澤誠也
末澤誠也
退院は?
正門良規
正門良規
多分来週ぐらいやな


•*¨*•.¸¸♬︎

希空
希空
あっ


自分の鞄からスマホを取り出し
着信相手を確認してから
病室の外に出て電話にでる

希空
希空
📞 はい
📞 希空ちゃーん末澤知らん?
希空
希空
📞 知ってるで
📞 え?!ほんま?!どこおる?!
希空
希空
📞 良くんの病院
📞 あーわかった!
希空ちゃんもいるんやろ?
したら終わったらでいいねんけど
連れてきてもらってもええ?
希空
希空
📞 了解 どこにいるの?
📞 レッスンスタジオ
希空
希空
📞 わかった


電話を切り病室に戻り
末澤くんに電話の内容を伝える

希空
希空
末澤くんちょっと
末澤誠也
末澤誠也
ん?
希空
希空
リチャくんから伝言
レッスンはよ来いやだそうや(((ボソっ
末澤誠也
末澤誠也
やっべ!!忘れてた!!
希空
希空
ちょっとしっかりしてや
末澤誠也
末澤誠也
送ってて!!
希空
希空
うん、大丈夫そのつもり。
むしろ連れてきて言われとるし
末澤誠也
末澤誠也
うわっ!めっちゃ助かる!
正門良規
正門良規
??お前らなんの話しとんの?
末澤誠也
末澤誠也
ん?あー……ちょっとな


末澤くん……歯切れ悪いから
普通に言えばいいのに

希空
希空
私ちょっと仕事の電話してくる


微妙な雰囲気になり
その場にいるのにはちょっと辛かった
から病室を一旦でる事にした


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桃菜 凛🍑🔔
桃菜 凛🍑🔔
💙💛💛❤️💚💜
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る