無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

私の家庭教師。
先生
先生
今日はテストを返す
最悪……。大丈夫かな?
先生
先生
相河希愛
相河希愛
相河希愛
はい。
先生
先生
100点
みんな
みんな
凄い
当たり前でしょ……
先生
先生
ーーーーーー
大塚大樹
大塚大樹
大塚大樹
はい。
先生
先生
100点だ……
みんな
みんな
凄!
モブ
モブ
きゃー!流石!大樹様
うっさ
先生
先生
今日のホームルームを終わる
早く帰ろ。
大塚大樹
大塚大樹
生徒会長。
相河希愛
相河希愛
なんですか?
私は生徒会長をやっている。
大塚大樹
大塚大樹
もう帰るの?
相河希愛
相河希愛
はい。では、
大嫌い。人気者なんて……
相河希愛
相河希愛
ただいま。
お父さん
お父さん
おかえり。
相河希愛
相河希愛
勉強してくる。
お父さん
お父さん
ちょっとまて。
相河希愛
相河希愛
何?
お父さん
お父さん
お前、勉強しすぎだ……
相河希愛
相河希愛
でも、勉強しないと点数取れないし
そう、私はバカなのである。
普段は優等生キャラを演じている。
裏では凄く勉強している。
お父さん
お父さん
だから、お前に家庭教師を用意した。
相河希愛
相河希愛
え?
お父さん
お父さん
入っておいで。
大塚大樹
大塚大樹
どうも、家庭教師の大塚大樹と申します。
相河希愛
相河希愛
えぇ!なんであんたが!
最悪。
お父さん
お父さん
知り合いか?
お父さん
お父さん
これから毎日17時から20時まで家庭教師に来てもらう。
お父さん
お父さん
部屋で勉強してこい
相河希愛
相河希愛
ええ!
              部屋
大塚大樹
大塚大樹
生徒会長。バカだったんですか?
相河希愛
相河希愛
お願い!この事は誰にも言わないで
大塚大樹
大塚大樹
やだ!
相河希愛
相河希愛
お願い!なんでもするから
大塚大樹
大塚大樹
なんでも?
相河希愛
相河希愛
うん。
大塚大樹
大塚大樹
じゃあ、俺の言う事、3つ聞いてね。
相河希愛
相河希愛
え?分かりました、
           終わり