第25話

学パロ(少し🔞)
1,405
2024/01/24 07:48
リクエストのものです🫠🫠

遅れまくってごめんなさい。








大森→先生
若井→生徒
俺はいっだって少し皆と「変わってる」とか「ずれてる」とか言われる。





そう言われるように生きてる。
先生
AとBどっちだと思いますかー?


みんながAを選ぶなら俺はBを選ぶ。


少し変わってるくらいでいい。


じゃなきゃバレちゃうから。


俺の秘密が。











若井滉斗.
ん゛ッい゛ゃ、!//♡♡
若井滉斗.
んもイくッ゛♡♡♡♡




そう僕はゲイだ。

そして体を売ってる。



どうせまだ同性愛は認められない世界だし。



そして今日もお客が来たようだ







若井滉斗.
こんにちは
大森元貴.
若井さんですか、?
若井滉斗.
そうです。大森さん、?笑
大森元貴.
そうです!!笑
大森元貴.
なんかぎこちないですね、
大森元貴.
そらぁそーか
若井滉斗.
笑笑笑笑
今日はずいぶんと若いお客さんだな、
若井滉斗.
始めますか、?
大森元貴.
は、ぃ//
今日も服を脱ぐ



いつもどーりだ。
大森元貴.
タメでもいいですか、?
若井滉斗.
いいですよ?/
なんだこの人。 


変な人
大森元貴.
ひろ、と?
若井滉斗.
元貴、。♡
大森元貴.
ん、//
若井滉斗.
うブじゃん笑
若井滉斗.
大森元貴.
いいよ笑そんなこと言わせんから
大森元貴.
挿れるね

元貴のものは露わになった。

初めてかもしれない




はいらないかもなんて、ね?

























若井滉斗.
んあッ゛♡♡♡♡ちゅ゛よお♡♡
大森元貴.
きもッち?♡
若井滉斗.
きもちッ♡♡ん゛♡きもち♡♡♡♡おかひくなりゅッ♡
大森元貴.
おかしくなって、?♡
若井滉斗.
ーーッ//♡やらぁ、♡♡
大森元貴.
悪い子だなあ、笑














ずっとこのままイカせてくれず、時間がきてそのまま帰っていこうとした







若井滉斗.
んへぇ♡♡いかひぇてくだひゃぃ、♡♡♡♡
大森元貴.
延長料金かかるんでしょ、?笑
若井滉斗.
ここぉ♡びんびんだぉ、?♡
大森元貴.
んふ、♡
若井滉斗.
さーびしゅ♡だから♡♡
若井滉斗.
ひぉとの♡ケツマンコにぃ♡♡もぉきのおっきいの入れてたくさん奥ちゅいてくだひゃ、♡♡
大森元貴.
かわいすぎ、♡ズプ
若井滉斗.
んぁッ゛♡♡♡
若井滉斗.
きもちッ♡ビクビク
大森元貴.
挿れただけでイったの?♡
大森元貴.
かわいー♡











ここで記憶は途絶えていた
若井滉斗.
んぁ、?
若井滉斗.
ん゛ッ…!
腰が痛すぎる。


今日から新学期なのに()

取りあえず家に帰って準備して学校いかなきゃ、











若井滉斗.
遅れましたー
モブ
ひろと!笑笑
モブ
おせーよ笑
若井滉斗.
あっ、!〇〇!
モブ
あと2分で遅刻だったよ笑
若井滉斗.
え、せーふ?
モブ
うん笑
モブ
今から始業式
モブ
早くいこ!笑
若井滉斗.
うん、笑
間に合ったみたい、よかった!!((
先生
ではこれから各クラスの先生を発表します
先生
1組大森先生
大森元貴.
はい。よろしくお願いします。
若井滉斗.
んぇ、?
思わず変な声が出てしまった。


大森先生の発表からなんの話も耳に入ってこなかった。


てか俺何組だろう
若井滉斗.
ねぇ
モブ
ん?
若井滉斗.
俺、何組?
モブ
俺と同じ1組だよばーか
若井滉斗.
うおまじか
モブ
絶対いまのタイミングで聞かないよな笑
しんどいです。


もういっそのこと何もなかったことにしよう。






そして時は進みクラスでの自己紹介が始まった。



今はポンパだし気づかれないだろう((



俺の番が来てしまった
若井滉斗.
名前は若井滉斗でーす。誕生日は10月8日サッカー部です。1年間よろしくおねがいしゃーす。
大森元貴.
、、
先生からの視線が痛い。。


早くこの時間がすぎればいいのに、
大森元貴.
えぇとみんな自己紹介ありがとね!
大森元貴.
僕のもしないとね。名前は大森元貴って言います。一応音楽の先生です。趣味は楽器を弾くこと。チャームポイントはどんなに寝ても自律神経が安定しないところです!!一年間よろしくね
大森元貴.
今年からの新任だからわかんないこととか多いけど教えてくださいねぇ〜
大森元貴.
んじゃねぇ時間余ったし質問タイムでもする?笑
彼女は??
大森元貴.
いません、笑酷いこと言わせるなぁ、笑
タイプは!
大森元貴.
んー、前髪長めの子!笑男女問わずまめなひとかな〜
先生がこっちを見ながらそんな事を言ってきた


怖すぎるどうしよう


覚えてんのかな。さすがに忘れてるでしょ、笑
大森元貴.
はい!じゃ質問おわり!今日はこれで終わりだから早めの下校です。早めに学校出ろよー笑




話しかけられないだろうけど怖くてトイレに逃げ込んだ。


なるべくみんながいなくなってから帰ろうとした。   



けどトイレのドアのノックされた
大森元貴.
若井くんでしょ入ってるの。
完全にアウトだった。


先生の声だ。
大森元貴.
早く帰って〜門閉めれないって〜笑笑
若井滉斗.
は、はい。
大森元貴.
ふふ、お腹弱いの、?お大事にねぇ〜
若井滉斗.
では、さよなら、、はは








安心した俺が馬鹿だった
大森元貴.
なんて、ね、?ダン
若井滉斗.
は、?
大森元貴.
まさか忘れたとか言わないよね?
若井滉斗.
チョットワカンナイデスカネ、
大森元貴.
嘘つかないで。滉斗、今日俺の家来てね。
若井滉斗.
は、?知らねーし。
大森元貴.
これ、
と言って差し出されたLINEのQRコード。
若井滉斗.
流石に、先生と生徒だからだめですって
大森元貴.
じゃあみんなにバラすよ?
若井滉斗.
何をですか、?
大森元貴.
すっとぼけてんね笑
大森元貴.
体売ってること。
若井滉斗.
ん゛、
大森元貴.
いいの?
そんな事をいいながら俺の腰を掴んできた
若井滉斗.
い゛ッ…,!
大森元貴.
昨日あんなに泣いてたもんねぇ、
大森元貴.
なんて言ってたっけ?ひろとのぉ、…
若井滉斗.
わかりましたから、!読み込みますんで、


まんまとひかかった俺は先生とLINEを交換してしまった。





そのまま下校したがずっと心残りで家に帰ってもボーッとしていたらもう夜となっていた
〈    元貴
元貴
元貴
いまから家来て
ひろと 
わかりました。
元貴
元貴
これ住所ね
ひろと 
了解です。
すっごい堅苦しい文章から始まった会話


とても会いたくない。








付いてしまった、

取り敢えずピンポンしてみる
大森元貴.
入って
若井滉斗.
はぃ、







整った大森先生の部屋に入りしばらく沈黙の時間が続いた
大森元貴.
ねぇ滉斗
大森元貴.
気持ちよくするからさ
大森元貴.
みんなに言わないで?♡
若井滉斗.
は、?
若井滉斗.
意味わかんッ、
大森元貴.
ん、チュ、♡
若井滉斗.
ん、♡ふぁッ
大森元貴.
キスだけでとろとろになってる
大森元貴.
ベッドあるからね、?
若井滉斗.
ん、♡♡





すいませんほんと長いのにぜんぜんかけないスランプこれをずっと取っておいたとか、笑笑笑笑ごめん

すみませんでした

プリ小説オーディオドラマ