無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11
命は助かった。











じん
じん
大丈夫?
〇〇
〇〇
ごめんなさい
じん
じん
ううん。
じん
じん
君が無事でよかった。
じん
じん
あ。
〇〇
〇〇
あ。
じん
じん
君の名前…
〇〇
〇〇
あなたの名前…
じん
じん
教えてくれる?
〇〇
〇〇
教えて欲しいです。
2人とも同時に






同じ内容を話してた。










君の顔に笑みがこぼれた











〇〇
〇〇
〇〇です。
じん
じん
じんです。
医師
何してんだよ笑
じん
じん
え?
医師
記憶喪失になってないかの確認か?
じん
じん
違うよ笑
じん
じん
自己紹介してた
医師
なんだそりゃ
医師
〇〇さん。
医師
ご飯…食べようね?
〇〇
〇〇
はい…
医師
4日ほど入院して、ご飯を食べる習慣を
医師
つけていこう
〇〇
〇〇
はい
医師
頑張ろうね
〇〇
〇〇
ありがとうございます。
医師
じゃあ。
じん
じん
ありがとう










しばらく沈黙が続いた。















next. →→→→→