無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1
2019/08/13

第3話

思い
私は色々心配だった
だって君が別れてから2週間しかたってないんだもん。
本当に私で良いのかな。私の事好きなのかな。
何回も悩んだ。
私は学生で告白されたのはテスト期間中。
勉強ができる君と教科による私。
確実に勉強しないとやばい私は浮かれてる場合じゃない!と思い勉強した。
わからない所がありすぎる。
普段勉強しないで提出物しかしなかった私は頭の中が?でいっぱいに。
君とLINEをしてると放課後学校で教えてくれることに!
私は嬉かった。でもすぐ照れて恥ずかしがり屋さんの私は二人で喋ることが出来るかも不安だった
君は優しく教えてくれて勉強が楽しいって思えた。
でも運悪く君の元カノが教室に来た
あぁ。最悪。
君は帰ろっか。そう言って教室を出た
君の不安な顔が忘れれない。
やっぱりまだ好きなのかな