無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1
2019/08/13

第1話

片思い
君に彼女がいたときから好きだった
君が彼女の話を相談をしてきたときは
辛かった。悲しかった。苦しかった。
私は嘘をついた。
他校に好きな人がいるって。
君はそれを信じてた。
私はこの恋は諦めよう。って何回も思った
でも諦めれなかった。
私は好きな人が、君が幸せならいいやって思って彼女との恋を応援してた。
でも君は別れてしまった。
私は大丈夫?しか言えなくてただ話を聞いてあげることしか出来なかった。
数日後に君は本当は別れる前から気になってる子がいるって言い出して私はそうなの?頑張ってしか言えなくて。
本当は私は君が好きだよって言いたいのに言えなくて。
君に好きな人の相談されてでも好きな人教えてくれなくて。
ただ辛くて苦しかった。
私はずっときみが好きなのに。
君のことを誰よりも知ってるのに。
何回もそう思った。