無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1
2019/10/12

第4話

悩み
あぁやっぱり私じゃだめなのかな。
何回もそう思った。
忘れられないのかな。
まだ元カノがすきなのかな。
そんなことばっかり悩んで私はいつも不安だった。
ある日急に体調が悪くなってそれが2週間も続いた。しかも日に日に悪化していく。
なんでなんだろう。
でもやっとわかったよ。一人で悩みすぎたんだって。
私は笑顔でいなきゃ。悩み事は一人で解決しないとって。ずっと思ってた。
そのせいで自分で自分を苦しめてた。
私は元々ネガティブで弱くて悩みすぎる性格で人に頼ることも苦手だった。
私は信用できる人しか悩みを話さないことにしてたせいでためすぎてた。
信用できる人は一人。たった一人。
それは彼でもなく家族でもなく親友でもなく友達でもなく…
先生だった。
相手が先生なだけにいつでも話せる訳じゃなかった。
だから私は溜めて溜めて知らないうちに爆発してた。