無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1
2019/08/13

第2話

告白
ある日私は夜中まで君とLINEで話してて
私は眠たくてもう寝るねって言ったらちょっと待ってって言われた。
どうしたんだろう。そう思った。
君から送られてきたのは
「他校の人好きなのは知ってる。でも俺は君を好きになった。付き合ってほしい。困らせてしまうよね。ごめん。」
って言われて私は混乱。眠いのも忘れて硬直。
数分後に気づいた。あぁ。告白されたんだ。
あの好きな人は私だったんだ。
そして好きな人のあの嘘が君を悩ませてたんだ。
私は本当なの?って聞いてしまった。
君は「うん。ごめんね、結果分かってるけど返事ほしい」って言われて私はどうしたら良いかわからなくなった。
えーと。なんて答えれば良いんだ?
私も好きなんだなの?それともお願いします?
え、わからん。どっちだ?
まぁどっちでもいいか。私は君に私も好きなんだ、お願いしますって言った
君はやっぱりえ?他校の子は?って言われて嘘だよとはさすがに言えなくてもう好きじゃないよって嘘をついた。
私は君に嘘をつきすぎてるんだろうな。