無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

嫌がらせ
太宰
ふぁ、暇だなぁ
仕事がたんまりありますよ??
因みに太宰さんの仕事僕がしてます。
何か言うことありません(´Д` )?
太宰
・・・あぁ、暇だ。
おいコノヤロウ
太宰
特に先程は暇すぎて中也の手袋の中に毛虫入れてきたよ
それ絶対怒られますって!!
太宰
あれくらいで怒るかな(‘ω’)?
自分がされたらどうします?
太宰
取り敢えずその人と身近に居る人を全員、私が最も行きたい場所へ送り届けるね。

訳:帰らぬ場所へ届ける。
それもそれでヤバいっすわ
中也
太宰ーー!!!
太宰
うわ、帽子が来た
中也
帽子は飾りだっっ!!
とうとう帽子が中也さん呼ばわりされ始めた
中也
黙ってろ毛皮
け、毛皮!???
太宰
そうだー黙っとけーー毛皮ーー
太宰さんまで(´;ω;`)
中也
安心しろ
もう時期此奴も皮になる。
太宰
え、なんで
中也
手袋に毛虫入れただろぅが
太宰
え、ナンノコトカナ⸜(  ॑꒳ ॑  )⸝
中也
張り倒す
中也さん、毛虫入れたの太宰さんです。どうしますか?
太宰
うわ、ちくらないでよ毛皮( ˙꒳˙  )
黙れ尻軽野郎
太宰
((え、口悪))
中也
取り敢えずそいつと身近にいる奴らを此奴が一番行きたがっている所へ連れてくな。
どうしよう。
2人が言ってること一緒だ。
太宰
あらやだ(/ω\)
中也
気持ちわりィからやめろマジで
太宰
中也!これは運命だよ!!
だから是非私と心中・・・
中也
一人で逝っとけ
その言葉の後に飛んできたグーパンチは見事

太宰の顔面に直撃。
太宰さーーーーん!!!
太宰
呼んだかーーーーい!!!!
あ、いえ、逝ってていいですよ
そう言って敦もグーパンチを太宰にくらわせた。
中也
あ、死んだwww
中々面白い最後でした爆笑
暫くして起きた太宰が

二人に何をしたか?

其れは勿論・・・
太宰
内緒だよ?(ニコッ