無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

近づく
ナヨン
ナヨン
ただいま〜
ナヨンオンニ!おかえりなさい!
ジヒョ
ジヒョ
あなた、今日の夜
でかけるんでしょ?
遅くならないようにね〜
気をつけていってきな!
ありがとう!
いってきます
こうして私はテヒョンさんの待つ
お店へ向かいます〜
(テテあなたカトク)
テヒョンさん!
こんばんは〜
今タクシーで向かってます!
お待たせだったらすみません。
テヒョン
俺も今ついたから大丈夫だよ
ゆっくりでいいからね!
やばい、急がなきゃ!!

タクシーを飛び降りて走って向かうとそこには…
テヒョン
あなたちゃん〜!!
やっほ!!
テヒョンさん!!
楽しみにしてました!
テヒョン
よし、じゃーなんか食べよう!
________________
小一時間たち
テヒョンさんも私も話が盛り上がってきて…
テヒョン
そうだあなたちゃん、
俺のこと、テテオッパって呼んで?
え!?え、えっと…
て、テテオッパ、!!
テヒョン
(やばい、かわいすぎ、、、、る、)
テテオッパ〜
どうしたんですか?
顔真っ赤です 笑
テヒョン
な、なんでもないよ!!
そろそろ遅いし
みんなから心配される前に帰ろっか!
こうして
私とテテオッパは
ちょっとずつ距離が縮まって
…るはず。