無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

日本でのLIVE③
空港に到着すると
マネージャーさんの元に1本の電話が。
マネージャー
BTSもう到着してるって!
急いで!!
ジヒョ
ジヒョ
よし、じゃ皆いくよ!!
私たちが空港に入るなり長蛇の列が!
メディアやファンの皆さんが集まってきてくれました。
ONCE
キャー!!あなただー!!
みんな大好きー!
ONCE
かわいい〜!!
頑張ってね!!!
サナオンニがかわいくペンサしてます。
私も愛嬌振りまいて
ウィンクをぱちり。
ONCEに元気もらったね!
ナヨン
ナヨン
そうだね〜!
急がなきゃ!待ってるよBTSさん
そう言って私たちは急いでBTSさんのもとへ。
ナムジュン
あれ、TWICEさんじゃない?
テヒョン
本当だ!あの子あなたちゃんですよね!
ねえオンニ達!あれってBTSさんじゃない?
ミナ
ミナ
本当だ〜!!
その瞬間。
BTSさんの方に目をやると
テヒョンさんと目が合った…
気がするだけか!笑
サナ
サナ
どーしたん?あなた
なんもないよ!!!
(テテSide)

あなたちゃんのこと
密かにめっちゃ推してるとか
言えないなぁ…

こんな近くに来てくれるなんて
俺、アイドルでよかったわー笑
あなた
オンニ達、あれってBTSさんじゃない?
あなたちゃんの声だ。
ふと目を見やると

あれ?
今…
テヒョン
目、合ったよね…
ホソク
あれ、テヒョナ〜どうしたの??
テヒョン
あ、ホビヒョン、
なんでもないですよ~、気にしないでください
ホビヒョンにバレるとこだった…

あなたちゃんも
少し意識してくれてたのかな…