無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

伝えてもいいですか?
裕斗「おはよっ結子、部活お疲れ様」

結子「あれ、裕斗…ありがとう」

私達は幼馴染!!

いつも仲良いし、会ったら一緒に帰る!

まぁ裕斗は大人気すぎて、私は近寄れないんだけどね…

高校になって、急上昇した裕斗

今じゃファンクラブもある…

雰囲気もちょっと変わって、嫌な噂だってある

ちょっとやだな…

真凜「結子?どしたの…?早くクラスいこー」

結子「あ、うん!琴ちゃん待ってるもんね!」

真凜「うん、あ…王子さんじゃん」

ギグッ

王子さんって裕斗の事…だよね

幼馴染なんて知ったら…

敵に回されて

いじめられて…

真凜「そういえば、結子って王子さんの幼馴染なんでしょ?」

結子「な、なんで知ってるの?」

真凜「貴之が言ってた」

結子「貴之…あぁ裕斗の友達か!ぁ…」

真凜「仲良いんだね」

違うんだよ~!!

真凜「ま、私はあの人に興味無いからいいんだけどね」

結子「へ…?」

真凜「あ?ファンだと思ってた?」

結子「うん…王子さんって」

真凜「名前知らないから…」

結子「あぁそういうことか!」

真凜「ほんとアホだね、結子」

え…アホかな

私…

琴華「遅い…」

貴之「ありゃ結子ちゃん」

結子「え………」

裕斗の友達っては知ってるけど

まさか同じクラスにいたとは

真凜「貴之、隣のクラスじゃん…なに他クラス入ってんの」

貴之「お堅いな~まりりんは」

真凜「まりりんって呼ぶな!この変態!」

仲良いんだね…

でも私の名前…

貴之「でさ、結子ちゃん…今度この3人と俺らで出かけない?」

琴華「意味わかんない事言わないでよ、林くん」

貴之「林くんなんて堅苦しいな~琴華」

琴華「いい加減にしないと、殴るよ?」

中学の友達とか?

かな…

侑「ゆっきー?」

貴之「あっくん、裕斗も」

裕斗「やっほー、結子お疲れ様」

結子「ありがと、裕斗」

裕斗「はい、ご褒美」

結子「ご褒美って…まぁ貰うけど」

いちごみるくか~

好みわかってくれてたんだ…

『あれ…王子様じゃない!?』

『ほんとだー、でも女子と喋ってるよ?』

『まじで?…なんなのあの子』

『あの子、宮崎結子でしょ…幼馴染だって』

『あーなら、仕方ないか』

幼馴染って最高!うん!

いじめられないー!!

琴華「さっさと帰ってよ、じゃないとこのクラス騒がしくなるから」

真凜「さぁさぁおかえり」

結子「じゃあね、裕斗」

裕斗「うん、また後でね」

結子「うん!」