プリ小説
一覧へ

第5話

five
あぶね ~

私は 学校で 友達を 作る つもりはない

だから あの男 と 目が合った時

すごく あせっていた。

まぁ 何も無かったからいいけど



________________


今は 授業中

休み時間に 遅刻したの バレないように

こっそり 入ってきたんだ~ (*^^*)♪


さて 授業中 は 何しよっかな~

私には勉強 など 必要ない

のんびり暮らせたら そ れ で い い から 勉強なんて しない


ん ~ することがない…

あっ なんで 私の 周りだけ 席 が あいて る ん だ ろ


ガラッ

?『先生~遅れました~』

?『みんなおはよ!』

?『おっはよ~!』

と いって 入ってきた 3人組

私は下を向いて見ないようにしてるが


やな予感がする…

?『あんな仔いたっけ?』

?『かわい~仔ッ まぁ僕には勝てないけどねッ』

?『あッ朝の女』

私はパッと顔をあげて 顔を見た


やな予感てきちゅうです((((;゚Д゚))))))


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

みゅう_*
みゅう_*
みゆう じゃないです みゅう で す とびっ子歴 8 念 山田 担🍓
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る