無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

71
あなたside

岸くんが、出ていって、
5、6時間?ぐらいたった後、
しずくちゃんが来てくれて

だいぶ熱が下がって、
そしたら、『またね!』って言われて、
帰って行った
あなた

あしたから、
会うのは、
ちょっと気まずいな

あなた

あっ
もう少しで、
夜の8時だ

あなた

ご飯作らなきゃ

\ピンポーン/
あなた

はい
(インターホンから)

平野紫耀
平野紫耀
ごめんね!
こんな時間に!
(インターホンから)
あなた

いや。
どうしたんですか?
(インターホンから)

平野紫耀
平野紫耀
いや!
風邪って聞いて!
(インターホンから)
あなた

なるほど
(インターホンから)

平野紫耀
平野紫耀
家入らせて!
(インターホンから)
あなた

あっ。
はい。笑笑
(インターホンから)

|*´ー`*)ノ|Ю ガチャ
平野紫耀
平野紫耀
おじゃましまぁ〜す!笑笑
あなた

どうぞ

あなた

で、
何の用ですか?

平野紫耀
平野紫耀
いや!
熱あったって、
岸くんが!
あなた

いや
熱はしずくちゃんがいる間に、
下がったから

平野紫耀
平野紫耀
そうなの!?
あなた

うん。

平野紫耀
平野紫耀
そっか〜!
でも!
熱が下がったならよかった!(*ˊᗜˋ)
平野紫耀
平野紫耀
ご飯食べた?
あなた

今から、
作ろうって思って

平野紫耀
平野紫耀
じゃあ!!
座って待ってて!
あなた

は?

1回平野紫耀は、自分の家に帰り、
材料を持ってきて、勝手に、キッチンを借りて

数分後
平野紫耀
平野紫耀
はい!
どうぞ!
平野特製!お茶漬け!
あなた

は…はぁ?

平野紫耀
平野紫耀
だから!

平野特製!!お茶漬け!!
あなた

なぜ、
お茶漬け?……

平野紫耀
平野紫耀
えっ?
熱の時は、
これでいいかな〜?って!
あなた

だから……

熱は下がったってば……

平野紫耀
平野紫耀
あっ・・・。
あなた

でも、ありがとう

平野紫耀
平野紫耀
うん!(*ˊᗜˋ)
あなた

なんで、
お茶漬け?

あなた

まって、なんか
凄い色してるけど?

平野紫耀
平野紫耀
えっと〜、
お米入れて、
海苔入れて、濡れおかき入れて、
お麩をいれて、
鮭入れて、
平野紫耀
平野紫耀
味付け用に、
お醤油入れて、みりん入れて

で、お湯を入れた!
あなた

えっ?……
料理は?した事あるの?……

※ほんとに、料理が下手なのかは、分かりませんすいません……
平野紫耀
平野紫耀
えっと〜、
みんなで、ケーキは作ったことはある!(*ˊᗜˋ)
あなた

はぁ。

あなた

紫耀くん

平野紫耀
平野紫耀
ん?
あなた

今何食べたい?

平野紫耀
平野紫耀
んー、

濡れおかき!!!
あなた

えっ。・・・。それ以外…

平野紫耀
平野紫耀
んー!
平野紫耀
平野紫耀
焼きそば!!
あなた

おっけ!

数分後
あなた

はい!
どうぞ!!

平野紫耀
平野紫耀
おーーーーーー!!!!
あなた

味が心配だけど……

平野紫耀
平野紫耀
( ˙༥˙ )もぐもぐ
平野紫耀
平野紫耀
美味しい!!!
平野紫耀
平野紫耀
やば!!
あなた

よかった……

数分後
平野紫耀
平野紫耀
ごちそうさま!!(*ˊᗜˋ)
あなた

(* ̄∇ ̄*)フッ



紫耀くん?

平野紫耀
平野紫耀
ん?
あなた

口の周り、汚いで笑笑

平野紫耀
平野紫耀
えっ!?
あなた

はい
ティッシュ

平野紫耀
平野紫耀
ありがとう!!
平野紫耀
平野紫耀
これか!

胃袋を噛まれるって!
あなた

は?

噛まれるの?

平野紫耀
平野紫耀
えっ?
あなた

胃袋をつかまれる?じゃなくて?

平野紫耀
平野紫耀
そう!
それ!笑笑
あなた

笑笑

平野紫耀
平野紫耀
あっ!
やば!
洗濯物干さな!!

ごめんね!家に戻るわ!
あなた

あっうん笑笑

そして、
紫耀くんは、帰って行った
あなた

なんだったんだ?笑笑

はい!
今回はここまで!
次回も楽しみにしてくれると嬉しいです!