無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4
あなた

ふざけてない。
ふざけてんのは
あんたらでしょ?
意味わかんない

女子1
うるさい。💢💢💢💢💢💢
ガチで黙れ
――――――――――――――――――――――
あなた

って、
とこから始まって、

あなた

最初は、
少しの嫌がらせだったんですけど、
日に日に暴力のいじめとなってきて。

岸優太
岸優太
そっか。
俺らのせいでか。
あなた

あっ。
いや!
King&Prince👑の皆さんのせいでは

平野紫耀
平野紫耀
ごめん。┏○ペコ
あなた

えっ?
大丈夫なので。
頭をあげてください。

あなた

あっ。
では、授業なので戻ります。
すいませんでした。
大切な時間を取らせてしまって。
ごめんなさい。

あなた

では。
失礼します。

あなた

ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
======(・ω)スタスタスタスタ

あなたがいなくなった時
平野紫耀
平野紫耀
これって、
やっぱり考えると、
おれらのせいだよね。?
髙橋海人
髙橋海人
うん。どうする?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
だったら、
俺たちで守ってあげたら?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
でも、俺らが関わると
逆に酷くならない?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
あっ。
たしかに。
岸優太
岸優太
どうすればいいんだう
永瀬廉
永瀬廉
ほんまやな。
あの話を聞く限り
ただの八つ当たりだよな。
岸優太
岸優太
うん
教室
あなた

授業ギリギリだったな。(小声

あなた

( ̄□ヾ)ファ~

あなた

心)眠いけど寝ちゃダメだ。

平野紫耀
平野紫耀
心)あっ。
眠たそう。
頑張ってる笑笑
数分後
あなた

心)やった〜!
やっと授業が終わった。
急いで家に帰ろ

あなた

======(・ω)スタスタスタスタ

女子1
(ง ˙ω˙)ว|壁💥ドン
あなた

えっ?。

女子1
ちょっといいかな?
あなた

うっ。
うん。

女子3
ねぇ、
なんで、
げんきくんが、あんたと一緒いんの?
あなた

いや。
それは、
今回、たまたま、保健室にいて。

女子4
言ったよね?
King&Prince👑と喋ったらどうなるか
分かってるよね? って
あなた

うっ。
🏃💨

女子5
(っ*´꒳`)っがしっ

逃げても無駄だよ?
そしたら、
女子1が、
カッターを取り出して
あなたの腕を切りつけた。
あなた

…痛い…痛いよ…

女子4
(ง `▽´)╯ハッハッハ!!
じゃあね〜!
あなた

ハンカチで止血しなきゃ。

血が止まらない。
血が出てきている。
あなた

うっ。
頭フラフラする。

神宮寺勇太
神宮寺勇太
あれ?
あれってあなたちゃんじゃない?
永瀬廉
永瀬廉
ほんまや!
なんか、
血でてへん?
髙橋海人
髙橋海人
やばくない?
平野紫耀
平野紫耀
いこ!
髙橋海人
髙橋海人
あなたちゃん?
大丈夫ー?
平野紫耀
平野紫耀
あなた〜?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
まず保健室に。
今回はここまで!
次回も楽しみにお願いします。