無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

41
あなた

みんな帰っちゃった……
(´Д`)ハァ…

あなた

( ̄□ヾ)ファ~

眠たい。

あなた

寝よう。

あなた夢の中
あなた

あれ?
ここは。

男子
お前なんか、死んじまえばいいだよ
男子
消えろ
男子
しね!
男子
しね!
あなた

嫌だ。
誰か。助けて。
いや!!

‎( ∩'-'‎∩ )バッ
(目を覚ます音)
あなた

はぁ、ゆめ……か

あなた

涙……が

あなた

茶が欲しい……

あなた

よいしょっ
(ベットからおりる)

自販機の前
あなた

誰の声だろう

あの〜。先生
あなたは。
あのままなんでしょうか。
医者
あなたさんの記憶は、
分かりません。
時には戻る人もいますが、
戻らない人も……
そうですか。
あれ
あなた?
あなた

喉乾いたから、
自販機に……
お母さん帰ったんじゃなかったっけ?

忘れ物をしてね
取りに来たんだけど、
カバンの中にあって笑笑
あなた

何やってんだか笑笑

お茶買うの?
あなた

うん

いいわ
私がお金を出す
あなた

いや自分のお金あるから

いいから!
あなた

あっ!

あなた

ちょっ!

はい!
どうぞ
あなた

ありがとう笑笑

あっ!
時間がもうそろそろ、
出なきゃ行けない時間ですよね?
医者
あっ
そうですね
ですよね!
では、帰りますね!
あなた

ばいばい〜い

うん!
じゃあね!
お母さんが帰ったあと
あなた

あの。
先生

医者
はい
あなた

やっぱりなんでもないです!

医者
そうですか
また何かあったら言ってください
あなた

はい

病院室
あなた

あ〜
疲れた。

あなた

寝よう。笑

今回はここまで!
最近ほんとに出せてなくてすいません!
もうそろそろがテストあるので、
出すのが遅くなりました……

次回も遅くなるかもしれないんですが、
楽しみにしてくれると嬉しいです!