無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

35
あなた
男子
やっほ〜
あなた

早く解放してくんないかな?……

男子
えっ?
無理無理笑笑
お前なんかどうせ、
誰も助けにこねぇよ
あなた

誰かは来る。
来てくれるんだ。

男子
そんなことがいつまで、
言ってられるかな!
(殴る)
あなた

ウッ(野太い声)

男子
さて〜 
お楽しみタ〜イム〜、
(カッターを出す)
男子
どこに、書いて欲しいか言って
あなた

は……?
な…にいって…んの。

男子
いいから、言え
言わなきゃ、
俺の好きなところに書くけど
あなた

(無言)

男子
(´Д`)ハァ…やる気失せた、
違うやつやるか…………!
あっ!
そうだ!学校ぶりにやるか笑笑
あなた

は?
何を……

その瞬間、
あなたは、口を押されられて、
そこから記憶はない。

その間に電話が来たことを知らない。
1時間後
あなた

うっ
(めがさめる)

男子
(;//́Д/̀/)'`ァ'`ァ
あなた

きも……い!
離れ……ろ!

男子
あれ?
目さめちゃった?
たしか、
5時間ぐらい
目が、さめないはずなんだけどな〜
まだ、
1時間しか経ってないよ〜。
あなた

いい……から……
はな……れろ……

男子
え〜!
無理、笑笑
まだ、5発しかしてないから、
あなた

まさ……か……

ゴ…ムは?

男子
は?
そんなんここにねぇよ笑笑
あなた

さい…てい。

男子
まぁ、
孕めばいいんだよ笑笑
お前なんか
あなた

・・・。
さい…ていな…クズ男……ね

男子
(´・ω・`)フッ
お前に助けが来ねぇんだから、
別に何してもいいだろっ!
あなた

いや。……
きもい……

そこから、
1時間は犯った
あなた

(‐д`‐ll)オェ

男子
まぁ、
また明日もこれにするか笑笑
男子は、出ていく時に
あなたの携帯を、
鍵付きの、金庫に閉まった
あなた

心)あっ。
せっかくの。
連絡手段が。

男子
(´・ω・`)フッ
じゃあまたな笑笑
出ていく男子
あなた

(´Д`)ハァ…
せっかくの。
連絡が。

あなた

電話してたから、
私はやってこれたのに。

数時間後
男子
やっほ〜
今日はおきゃくさんだょ〜
あなた

は?……

女子2
やっほ〜
あなたちゃん(´・∀・`)
女子1
てか、
( •́ฅ•̀ )クッサッ
女子4
なに〜
この臭いの〜
男子
さ〜笑笑
女子3
え〜。笑笑
女子1
もしかして犯ったの?笑笑
男子
さ〜な笑
あなた

(にらむ)

女子5
なに?
(👊 ˙-˙ )
(腹を蹴る)
あなた

ウッ(野太い声)

女子2
うゎ〜!
なんか白いのでできた〜笑笑
(蹴る)
女子3
きも〜(蹴る)
蹴られて、
1時間ぐらい
女子5
(´Д`)ハァ…
蹴るの疲れた〜
次は
また今度にするわ
女子1~5
そうだね〜
今回はここまで!
次回も楽しみにお願いします!