無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

21
部屋
あなた

やばい。
背中……いたい。
あおむけで寝れない。

あなた

お母さんに頼む?
いや。
ダメだ。

あなた

そうだ。
自分でガーゼと薬と包帯を持ってこよ。

持ってきた
あなた

よしっ。
背中だけど、
頑張ろ。鏡見ながら

||☆\“(・_・。)コンコン
あなた

心)やば!

さっきから何ドタバタしてるの?
あなた

なっなんでもないよ!

包帯と、ガーゼ?
あなた

あっ!

あなた

(かくす)

あなた?
なにか、隠してる?
あなた

なんにもかくしてないよ!?

教えなさい
あなた

だから、
なんにも隠してないって!

ほんと?
あなた

ほんとほんと!
こんな傷なんか、
どうて事ないよ!

はい〜!
隠してたね笑笑
あなた

へ?

あなた

ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛

(((゚艸゚))クスクス
あなた

仕掛けたな、

バレた?
笑笑
はい
処置するから、
怪我みせて
あなた

ウッ(野太い声)

あなた

はい。

ひどいわね。
やっぱりなんかある?
学校で
あなた

うん。
まぁ。

数分後
はい!
終わったよ
あなた

ありがとう

じゃあおやすみ
あなた

おやすみ

次の日
学校   登校中
あなた

心)やばい。背中が痛い

教室
あなた

(自分の席に座る)

平野紫耀
平野紫耀
心)あなたちゃん。
女子2
あなたちゃ〜ん
ちょっといいかな〜?
あなた

はい。

移動
女子3
ねぇ、
分かったでしよ?笑笑
女子4
私たちにはむかったらどうなるか
分かったでしよ?笑笑
女子5
男子たちと犯って来て、
楽しかった〜?
笑笑
あなた

あんたら…

あなた

あんなの。
楽しくなくない。

あなた

気持ち悪いだけ。

女子1
ざまぁね笑笑
女子5
手出せ
あなた

は?

あなた

いやだ。

女子5
いいから。
あなた

いやだ。

女子5
出せて言ってんだよ:(  #´°ω°` ):イラッ
あなた

うっ。

無理やり
腕をださせる。
あなた

いた。

そしたら、
女子5に、
カッターで、切られ、
腕から、血が止まらない。
あなた

いたい。

女子2
これからは、
King&Prince👑様とかに、
二度と近寄んないで?
あなた

わたしは…
近ずいてない…
あっちがくるだけ…

女子4
まぁいいやー、
でも、これ以上関わったら、
ぶっ殺すよ?
女子達が
去る
あなた

やば。
King&Prince👑がいる

今回はここまで!
次回も楽しみにお願いします