無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5
神宮寺勇太
神宮寺勇太
手を差し出す
あなた

(x_x) ☆\( ˊᵕˋ ;)バシッ
(手をはじく)

あなた

だ……
だい……
大丈夫です。……(: - . - :)

岩橋玄樹
岩橋玄樹
えっ?
でも。
あなた

大丈夫なんで!( ˊᵕˋ ;)
気に…しないで…ください。

平野紫耀
平野紫耀
えっ?
何いってん?
あなた

えっ?……

平野紫耀
平野紫耀
怪我してる人助けるのは、
当たり前でしょ?
何強がってんの?
あなた

つよがって…なんか…ないよ…( ˊᵕˋ ;)

平野紫耀
平野紫耀
でも、
あなた

大丈夫って言ってるの!

あなた

あっ。…
ごめん…帰って。

神宮寺勇太
神宮寺勇太
でも。
あなた

帰って!!!

岸優太
岸優太
じゃあ、
包帯とか、持ってくるわ
それでいい?
永瀬廉
永瀬廉
うん。
いいとおもうで。
岸優太
岸優太
じゃあ持ってくるわ。
平野紫耀
平野紫耀
うん。
あなた

持って…こなくて…いい。

あなた

自分で……いく……

髙橋海人
髙橋海人
そっか。
あなたは自分の腕をおさえながら、
保健室に向かった。
あなた

||☆\“(・_・。)コンコン
失礼します。

あなた

心)って、
ほんとに私が来る時
保健室の先生いないな。

あなた

包帯。
巻きずらい。……

あなた

やっぱり…手伝って貰えれば……よかった。

あなた

(v_v`)ハァ……。
まぁ、
1人でも…出来るから。大丈夫。

あなた

帰ろっかな。
包帯巻いたから、少しは
ましになったし。
包帯が違和感するけど。

帰り道
あなた

心)私、一人暮らししようかな。
バイトもやっていい学校だし。
親に相談してみよう。

あなた

だだいま

腕どうしたの?
怪我? 自分でやったの?
あなた

うん。
大丈夫。

あなた

あのね、
お母さん。
私、もう高校生2年生になったんだし、
だから、一人暮らししようと思ってる。

は?
あなた

だから、
バイトをして、
一人暮らししようと思ってる。

なんで?
ここの家でいいじゃん
あなた

1人で暮らしてみたいの
調べたら、安い場所もあるし、
学校から近いは場所だから、
それを行ってみる。

そっか。
でも、
無理しないで。程々にしなさいよ。
あなた

うん。
ありがとう。

まぁ、
風呂入ってきな!
汗かいたでしょ
あなた

うん。

お風呂出た
はい
包帯。
巻いてあげるから、
こっちに来なさい
あなた

えっ。
あっ。ありがとう

はい!
出来たよ!
あなた

ありがとう

あなた

眠たいから
ご飯出来たら起こして

うん!(*^^*)
今回はここまで!
次回も楽しみにお願いします。!