無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

30
富田 しずく
昔はね。
富田しずくの昔のこと
しずくside
女の子
しずくちゃんって、
きらい!
4歳の富田しずく
私何にもしてないもん!
女の子
勝手に、
人のものとったくせに!
4歳の富田しずく
何にもとってないもん!
4歳の山田涼介
なにやってんだよ!
女の子
涼介くん!
あのね!
しずくちゃんがね!
私のものをね勝手に奪ってきたんだよ。
4歳の山田涼介
嘘だ!
4歳の山田涼介
しずくはそんなこと
するやつじゃない!
4歳の富田しずく
涼介。
女の子
なんで、そんなこといいきれるの!
4歳の山田涼介
だっておれ!
しずくのこと好きだから!
4歳の山田涼介
だから、
俺はしずくをしんじるんだ!
4歳の富田しずく
涼介。
------------------------------------------------------------------
富田 しずく
ってことから、
涼介様のことが好きなんだ。
平野紫耀
平野紫耀
かっ。
かっけ〜!
山田くん!!
永瀬廉
永瀬廉
すげ〜。
富田 しずく
やろやろ!
カッコイイんよ!あいつは!
髙橋海人
髙橋海人
惚れ直しそう笑笑
富田 しずく
でしょ!(*^▽^*)
山田涼介について
富田しずくは、ペラペラと喋っていく
平野紫耀
平野紫耀
ほんとに山田くんのことがすきなんですね
岩橋玄樹
岩橋玄樹
うん!それほんとに思ったー
富田 しずく
うん!(////∧////)
富田 しずく
でも、言えなくてね。笑笑
岸優太
岸優太
あの〜。
北条さんの話から
結構ズレてますけど。
富田 しずく
あっ。
永瀬廉
永瀬廉
1回
明日も連絡してみたらどうや?
富田 しずく
あっ!
それいい考え!
富田 しずく
てか、
時間や!
バイバイ〜!
その頃の山田涼介
山田涼介
山田涼介
心)くそ!
しずくが連絡先交換してて、
嫉妬とか恥ず!
山田涼介
山田涼介
心)あっ。
せっかく、しずくを
むかえにきたのに。
山田涼介
山田涼介
心)ムキになって
帰ってきちゃったよ。
ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛
山田涼介
山田涼介
じげ〜(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)
重岡大毅
重岡大毅
山田?
どうしたん?
山田涼介
山田涼介
しずくが〜(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)
重岡大毅
重岡大毅
あ〜。
重岡大毅
重岡大毅
どんまい
山田涼介
山田涼介
てか、
あなた今日いないんだって
重岡大毅
重岡大毅
まじかよ。
今日会いに行こうって思ったんやけど
重岡大毅
重岡大毅
まぁ、
明日、会いに行くか
山田涼介
山田涼介
しずくのばか〜
重岡大毅
重岡大毅
お前、
しずくのどこが可愛いんだよ
山田涼介
山田涼介
しずくの可愛さは、
俺が分かればいいの!(●`з´●)
重岡大毅
重岡大毅
なんだよそれ笑笑
嫉妬した自分に、
恥ずかしがっている
山田涼介だった
今回はここまで!
次回はあなたはどうなっているのか?
あなたの様子を描きます!
✄--------------------------------- キ リ ト リ -----------------------------✄
ごめんなさい作者です
あの。
赤色多いいですよね。
ごめんなさい。
読みずらいかもしれませんが
頑張ってください。
お願いします。
ほんとにごめんなさい。
まず、今回から
重岡大毅を出しました!
重岡大毅の
設定は、
あなたの先輩で、
山田涼介としずくの
幼なじみ!
という設定にしたいと思います!
いちよう、山田涼介と同じように、
小さい時にあなたと一緒に遊んでた
とゆうことになっています。
わかりずらくてごめんなさい