無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

31
あなたの様子
(📞´-`)oO()プルルル
あなた

電話だ。

あなた

しずくちゃん……?

(電話にでる)
※電話の内容は、
32話:29に出ているので飛ばします。
すいません。
男子
あれ?
今誰と喋ってなかったか?
あなた

喋ってない。

男子
はい
(手を差し伸べる)
あなた

・・・?

男子
だから、
はい!
あなた

・・・?

男子
携帯出せ
あなた

いやです。

男子
(#`д´)ノ゙)Д`)ベシッ
出せっつてんだろ
あなた

(渡す)

男子
(携帯を開こうとする)
男子
おい
ロック解消しろ
あなた

はい。

男子
(連絡先をおやのみにする)
男子
はい
(投げる)
男子
てか、
もう諦めろ
お前なんかに助けは来ねぇんだよ
あなた

諦めない。
絶対に。

男子
そう言ってろ
男子
あっ、
今日は、ご飯はなしな、
あなた

はぁ?

男子
俺に口答えするとどうなるか分からるよな?
男子
まぁ!
口答えしなくてもやるけどな!
(なぐる)
あなた

ウッ

男子はあなたを10回以上蹴り続けた
あなた

(;´Д`)ハァハァ

男子
(´・ω・`)フッ
いまはこのぐらいにしてやんよ
男子
また後で来るね〜(⌒ ͜ ⌒)
あっ、
ちよっと縛っておくか
あなたは、
固定されているベットに、
ひもでくくりつけられ、
携帯は届かないところに置かれた
あなた

心)携帯が。
とれれば。

男子
じゃあ、
また後でね(⌒ ͜ ⌒)
あなた

心)二度と来んな。

男子が去った後。
あなた

てか携帯を取れるようにしなきゃ、

数分後
あなた

やっと取れた!
お母さんの連絡先しかない。
お母さんに電話して、
1ヶ月以上友達の家に
居るって言わなきゃ。

(📞´-`)oO()プルルル
あなた

もしもし、
お母さん?

どうしたの〜?
あなた

あのね、
1ヶ月以上友達の家にいるから、
きにしないでね!
あと、学校にも1ヶ月以上休みますって、
言っといて!

分かったけど?
引越しのこと?
あなた

そう!

あなた

じゃあまたね!

(電話を切る)
あなた

はぁ、
てか、携帯元の場所に置かなきゃ殺される。

数分後、
やっと置けた。
男子
ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
あなた

うっ。
心)来んなよ。

男子
さぁ!
お楽しみの時間だよ
さぁ、
脱げよ
あなた

ふざけんな!
誰が、お前みたいなやつの、
そんな言うこと聞くかよ!

男子
いいから、
早くしろよ(^ω^#)
(#`д´)ノ゙)Д`)ベシッ
あなた

いっ。

男子
いつまで、
そんな、ことが言えるかな。笑笑
男子
お仕置きしなきゃな、
そうすると、
男子がすっていた、
タバコをあなたの腕に押し付けた
あなた

あつっ。

男子
なまいきいってんじゃねぇぞ?笑笑
数分後
男子
あ〜!
スッキリした〜!
またな
あなた

こんなことして、何が楽しいの……?

男子
俺は楽しいぜ?
俺がスッキリするからな笑笑
男子
まっ、
じゃあまたな、笑笑
男子がいなくなった後
あなた

背中……
いった。

あなた

今何時だろう……

あなた

ここ、日差しが来ないからわかんない。
何時なんだろう。

あなた

(´Д`)ハァ…
誰か助けて欲しいな。

あなた

てっ。
来るわけないか。
小さい時じゃあるまいし。

あなた

(´Д`)ハァ…

今回はここまで!
次回は、次の日の学校でのお話です!