無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

18
平野紫耀
平野紫耀
れん〜!
永瀬廉
永瀬廉
おっ。
来た
※廉は、廊下に立っています。
平野紫耀
平野紫耀
なんで急に、
ジャージ?
永瀬廉
永瀬廉
いいから、
かせ
永瀬廉
永瀬廉
入ってくんなよおれは、
すぐ出るけど。
平野紫耀
平野紫耀
へ?
あっ。うん
入る
永瀬廉
永瀬廉
あなた、
はい。
しょうのだけど、ジャージ
代わりにこれ着や。
あなた

えっ。

あなた

いいよ。
申し訳ないし。

永瀬廉
永瀬廉
いいから!
つかいや!
あなた

あっ。
ありがとう。

永瀬廉
永瀬廉
じゃっじゃあ
おれは、廊下で待っとるわ。
あなた

うん。

れんが出てった後
あなた

心)廉くんは優しんだね。
まぁ、保育園の時も優しかったか。笑笑
でも、
関わったからだよね。

その時れんは?
永瀬廉
永瀬廉
心)ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛
はず。
平野紫耀
平野紫耀
何そこで、もがいてるん?
永瀬廉
永瀬廉
いや。なんでもない
平野紫耀
平野紫耀
あれ?
ジャージは?
永瀬廉
永瀬廉
あっ。
あなたに貸した
平野紫耀
平野紫耀
・・・。
平野紫耀
平野紫耀
へっ!?
平野紫耀
平野紫耀
貸した?!
てか居る?
永瀬廉
永瀬廉
おん
平野紫耀
平野紫耀
なんで急に!?
永瀬廉
永瀬廉
それは、
言えん。
平野紫耀
平野紫耀
へっ?!
(|・ω・)|ガラガラ
あなたが出てくる
あなた

ひーっ。
平野くん。
ありがとう。
これ明日返すね。

平野紫耀
平野紫耀
ん?
えっ。
いいけど。
永瀬廉
永瀬廉
大丈夫か?
あなた

ごめん。
かえる。
まだ、授業あるけど。

永瀬廉
永瀬廉
先生に言っておこうか?
あなた

いや。
自分で、いうね。

平野紫耀
平野紫耀
じゃあまた明日ね!
あなた

うっ。うん。

あなたが去った後
平野紫耀
平野紫耀
ねぇ、
なんであなたちゃん、元気なかったん?
永瀬廉
永瀬廉
あっ。
やっぱり気づいた?
平野紫耀
平野紫耀
うん。
永瀬廉
永瀬廉
いや。
それが、俺にもわからんくって。
平野紫耀
平野紫耀
どうゆうこと?
永瀬廉
永瀬廉
それが、
俺が、授業をサボろうとしとったらな、
ここにあなたがおったんよ。
しかも、裸で。
平野紫耀
平野紫耀
は?!
平野紫耀
平野紫耀
それ、
お前見たの?
永瀬廉
永瀬廉
見たって言うか。
目をつぶって、
上着をかけた。
平野紫耀
平野紫耀
そっか
永瀬廉
永瀬廉
てか。
これは内緒な。
これがバレたら、やばい気がする。
平野紫耀
平野紫耀
うん。
今回はここまで!
次回もお楽しみにお願いします