無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

44



みんなが帰ったあと…
1人だけ残っている
あなた

えっと〜。
帰らないのですか……

平野紫耀
平野紫耀
はい!
敬語使った〜!
あなたちゃん10円!
あなた

いや……
紫耀くんも。
『ちゃん』って……

平野紫耀
平野紫耀
あっ!( ´ . _ . ` )シュン
あなた

面白いんだね。紫耀くんって

平野紫耀
平野紫耀
そうかな?
あなた

あの。 質問しても?

平野紫耀
平野紫耀
うん!
いいよ!
あなた

私が記憶がなくなる前は、
皆さんにどうゆう感じだったんですか?

平野紫耀
平野紫耀
うーんと……
平野紫耀
平野紫耀
めっちゃ塩対応だったかな?
あなた

そうだったの

平野紫耀
平野紫耀
あっ!
記憶がなくなる前は、自分たちが、
幼なじみって知らなかったんだ
あなた

そうだったんだ

平野紫耀
平野紫耀
ほかには?
質問!
あなた

あっ
えっと

私の記憶がなくなる前は
みんなをなんて呼んでいたんですか?

平野紫耀
平野紫耀
えっと〜。

ぼくには平野くん、
廉には廉くん
げんきにはげんきくん
岸くんには岸くん
神宮寺には、神宮寺くん
かいとには、かいとくん
だった気がする
あなた

そうだったんだ

あなた

心)やば。敬語使ってるよね?……
バレないかな。

平野紫耀
平野紫耀
うん!
でもさ、
あなたちゃん、
これから、
呼び捨てで、呼んでくれへんかな?
あなた

あっ

ちゃん付け!
10円ー!

平野紫耀
平野紫耀
あっ。笑笑
あなた

あの、
いつまでいるの。

平野紫耀
平野紫耀
あなたちゃんが寝るまで!
あなた

えっ?

平野紫耀
平野紫耀
だから!
あなたちゃんが寝るまで!
あなた

あっ
引っかかった
ちゃん付け
2回目ꉂ( ,,´ლ`,, )<ब<ब

平野紫耀
平野紫耀
(。゚ω゚) ハッ!

ほんとや〜。
20円……
あなた

(。・m・)クスクス

あなた

( ̄□ヾ)ファ~……
ねむたい。

平野紫耀
平野紫耀
寝てええで
あなた

あれ?
急に関西弁?

平野紫耀
平野紫耀
あっ!これな笑笑
おれ、関西ジャニーズJrやったからな、
でも俺が言ってるのは偽の関西弁みたいなもんやわ!
あなた

そうなんだ

あなた

ねぇ!
質問!

平野紫耀
平野紫耀
ん?
あなた

紫耀くんは食べ物何がすき?

平野紫耀
平野紫耀
えっと!

お肉と〜
平野紫耀
平野紫耀
濡れおかき!
あなた

何それ?
濡れおかきってどうゆやつ?

平野紫耀
平野紫耀
んと〜

おいしいやつ!
あなた

えっと?
それだけ?

平野紫耀
平野紫耀
えっ?
うん!
あなた

じゃあ、
世界がなくなったらどうする?

平野紫耀
平野紫耀
えっー?
なくなったら、
天国に行く
あなた

笑笑

数分後
あなた

(´-ω-`)))コックリコックリ

平野紫耀
平野紫耀
ねむたい?
あなた

う〜ん。
( - - *)ウトウト

平野紫耀
平野紫耀
寝な!
ちゃんといるから
あなた

うん。
( ˇωˇ ) zzZZZZ

平野紫耀
平野紫耀
心)寝顔可愛い(*♥д♥*)
おやすみ(*^▽^*)
はい! 今回はここまで!
次回も楽しみに



次回はまだ残る人が、誰とか決まってないんで、
良かったらコメントください!