無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
797
2020/06/25

第1話

アッッッッッ!!!!!!命((
ううーーー!!!!!!寒いーーー!!!!!!フォオオエエアイイ!!!!!!←
(なまえ)
あなた
は…は…
(なまえ)
あなた
ハーーーッッッックショオンこんちくしょおおう!!!!!!←
…………………あれ???





いつもだったらこんなくしゃみして起きたらマミーが「うっっるせえええ!!!!!!キャベツはキャベツらしく静かに起きろ!!!!!!」とか言うんだけどな←





待って私キャベツじゃなかった!!!!!!マミー!!!!!!私キャベツじゃない!!!!!!火星人!!!!!!←←
(なまえ)
あなた
え、ほんとマジで誰もいないの?
そろそろ凄いぞここまで静かなのは





勢いよく起き上がると、なんだか何時もより高さが低く感じた。
(なまえ)
あなた
え、何縮んだの?←
よく見たら敷布団の上に寝ていた。





あれぇ~~?おっかしいぞぉ~~?(コナン風)





私の家はベッドよ!?
(なまえ)
あなた
此処はどこだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
するとその時うるせぇ、って声が聞こえて障子が開いた。